無料ブログはココログ

« 納品おさめ | トップページ | お正月に向けて »

2010年12月14日 (火)

お手入れの話し

先日何人かの子育て中のハンドメイド作家さんにお会いする機会があったので普段気になっていたことをうかがってみました。
皆さん爪の先までつるっとお手入れされていてさすが手仕事されている方は行き届いているなあとつくづく感じました。
ほっそりと…というのは持ち合わせた資質なのでしかたないにせよ、しっとりと…は今の時代お手入れをきちんとするかしないかなので「手が荒れているのは働き者」と言うのは大昔の話(体質で仕方がないということはあるけれど)。
消しゴムはんこの有名な作家さんが「人に手仕事するのを見せたり、教えたりする機会があるならば手やつめの手入れはきちんとするべき」と書いてらっしゃるのを見て顔が赤くなる思いがし、今年はもう少しきちんとしようと冬に入る前に決心。
食器を洗うときはハンドクリームを塗った後ゴム手袋(いわゆるピンクのゴム手)の下に使い捨てのポリエチレンの手袋をしています(ゴム手袋がクリームで汚れるため)。
ハンドクリームに関しては薬局に行って大変悩みました。
ずらっと並んだ、値段もうたっている効能もいろいろなクリームたち。
しかしいくつかの特別高いものをのぞくと含まれている成分があまり変わらないように思いそこそこの値段のものをもとめてみました。
しかし値段のせいでもないでしょうが効き目としてはもう少しの印象。
べたつき感の少ないタイプを選んだのですがカバー力が足りないためでしょうか、
すぐにしっとり感が消えて行きます。
両立は難しい。すっきり感としっとり感。
作家のみなさんにお会いした日は今年最後の納品を済ませた日だったので自分にちょっとしたプレゼントがしたく、駅前のデパートに入っているLOFTでハンドクリームを物色しました。
そこで見つけたのがこれ。
Cimg8058
イギリス生まれのケロデックス。
ケロというのに魅かれたと言うのもありますが(なんだか弱くて、ケロという響きに)肌にいい成分が…というより保護膜を作ってうるおいを逃がさないという方向がイギリスらしい(本当か?)。
塗ると保護膜ができて3~4時間もつという触れ込み。
一日中何度も水を触り、洗濯ものをたたんだり掃除をしたり、時節柄出たり入ったりするたびに手を洗い時には消毒したり。
そのたびハンドクリームを塗るというのは無精な私には難しい。
ハンドクリームは一度塗るとしっかりなじんでべたつかなくなるまでにどうしたってしばらくかかるのももどかしい。
一度塗ったら手を洗っても料理をしても3~4時間もつと言うのは本当ならばありがたいことです。
うるおいを添加する効能にはちょっと疑問がのこるので、もともと使っていた馬油配合のジェルクリームをすりこんで、しばらくおいてなじんでからこのクリームで保護をすることにしました。
(馬油クリームをぬってまだ乾き切らないうちにケロデックスを塗ったら保護膜を作らずにポロポロになってしまいました。)
使いはじめてまだ3日足らずですが今のところ具合がいいような気がします。
夜寝るときに手袋をするといいというお話も出ました。
食器を洗う時に手袋をするのに以前は抵抗がありましたが毎日手袋をして洗っているとだんだんと汚れ落ちなどもわかるようになります。
靴下をはいて寝るのもダメな私ですが慣れればそれもうまくいくでしょうか。

Cimg8060
こちらは冬の雨の自転車対策。
食器洗いの時にも使用するポリエチレンの使い捨て手袋を普段の手袋の上につけてみました。
毎日のことだと不自由かもしれませんが雨の時にどうしても自転車に乗らなくてはならないと言うことがそうしょっちゅうあるわけではないのでこちらもなかなか具合がいいです。
出先でもほかの奥様方に好評です。
ちょっとなりふり構わない感じがしないでもないですが。
レインコート着てレインスカート(巻きスカートタイプで出先での着脱に便利)をはいてフードもしっかりかぶって長靴はいて前髪びしょびしょ…手袋もなりふりかまわなくてもまあいいかな?と思います。
自動車の運転がへたくそなので仕方がありません。
おしゃれ主婦からは程遠い感じです。

« 納品おさめ | トップページ | お正月に向けて »

健康、美容」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31