無料ブログはココログ

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月

2011年8月31日 (水)

大きな穴

3年間くらいかしら、歯医者さんをさぼっていたのは。
その間にこんなにぼろぼろにというくらい奥歯がぼろっぼろになっておりました。
親知らずとその手前の歯の間、親知らずが少し低いため、磨き残しが多かったのでしょう、大きな虫歯になっており、歯医者さんにガリガリやってもらったら、T字型の大きな穴になりました。
いいのか悪いのか(いいんだけど)、麻酔をかけるほどではないため、ひーーーーーーんと言う痛みで、冷や汗がでました。
指先をつねって痛みを我慢しながら(弱い…)「だらだら食べはやめよう。」「間食と食事の間は必ず2時間空けるんだ。」「食後、必ず歯を磨こう、少なくともうがいをしよう。」とかぐるぐるぐるぐる考えました。

言い訳するわけではありませんが、奥歯に関して、歯の性が悪いらしく(以前歯医者さんにそう言われた)、傷みやすいのだと言う事です。
ただ白状をすれば、明らかにちょこちょこ食べをやってました。
しかもここ半年位、夜更かしをしながらのそれがひどかった。
歯にも体重にもそれがしっかりとあらわれております。
現在、妊娠時をのぞくと、生涯もっとも体重が増えております(いばって言うことか)。
歯もこうしてぼろっぼろです。
食生活を改善し、歯の衛生とダイエットをここに誓います。
夜更かし改善とか、活動時間の定期的な確保とか、居眠り貯金とか、すり鉢茶とか、色々誓って色々挫折しておりますが、一応誓います。
痛い思いしたから、今度こそは…?
今回の修理は…じゃない治療は、あまりに穴が大きいので詰め物をこしらえなくてはなりません。
それができるまでの仮の詰め物をしてもらっておりますが、なんだか、苦いです。
うう…。

魅力的なブログは愚痴とか書いちゃいけないんだっけ。
また痛いとか苦いとか。
しかし、虫歯とか、手を切った話とか、ものもらいの話とか、口内炎の話って、ついついしたくなるのは私だけでしょうか。
筋肉痛とかも…私だけ?
私によく似てヘタレという部類に入る息子は、たまに部活を一生懸命やって(あくまでたまに)筋肉痛だと、こことここがこういう風に痛い痛いと、事細かに説明して、大騒ぎします。
しかし人間と言うのは不思議なもので、そうして騒ぎ立てているとそこをつついたり、きゅっとつまんだりしてやりたくなりますね。
足がしびれたと騒いでいる人を見ると、足をふんでやりたくなるように。
そう言う悪い考えにとりつかれる人と、そうでない人がいるのでしょうか。
歯医者さんがそう言う悪い考えを持つタイプの人でないといいな…と今日、冷や汗をかきながら、やっぱりぐるぐる考えてしまいました。
マスクの下でつい笑ってしまっていたりしてとか。

と言う馬鹿な事を考えるほど痛かったです(ヘタレ)。
…反省しよう。

2011年8月30日 (火)

歯ブラシのかかと

今日で3回目。
歯医者さんに通ってあちこち修理、修繕中。
歯医者さんが、がーーーーっと削った穴、「ゆすいでくださ~い。」と言われて、起き上がる間に、ついつい舌でさぐってしまいますね。
「うわ、でか…」と大抵思います。
先日、やはりそんな感じで、探りまわしていたら、お医者さんに「舌で触ると穴が大きく感じますよね。」と言われました。
そういうものだそうです。
その後、説明のために、手鏡を渡されて見てみたら、やっぱりかなり大きな穴でした。
大きいんじゃん。

歯医者さんに行くと、ブラッシング指導をしていただけます。
きれいなお姉さんに、優しく磨いてもらいながら、指導してもらいます。
皆さん、しっとりとした、冷たいすべすべな手を爪をしていて感心します。
人前で手を使う職業の人は手の手入れに常に注意を払っているのですね。
見習いたいものです。
と言いながら、先日包丁で指先ごとざっくりいってしまって、左手の人差し指の爪が困ったことになったままですが。
それはともかく、ブラッシング指導。
先日していただいた時に、お姉さんが面白い事を言っていました。
「歯ブラシのかかとの所を使ってですねえ…」(お姉さんは大抵こんなイメージのラブリーな声でお話しをする。)歯ブラシのかかと…それは。
Cocolog_oekaki_2011_08_30_13_14
前歯の裏を磨く時はここを使うといいとのことです。

その他いろいろ、詳しく教えていただいたので、その日の夜は、いつにもましてクリクリクリクリと長々磨いておりました。
あまり感心した事ではありませんが、最後に入る事が多いので、いつもお風呂で磨いております。
コップと、手鏡と、歯ブラシを持ち込んで、半分閉めたお風呂の蓋にのせ、湯船につかりながら、しゃかしゃかしゃかしゃかと、いつも結構長い事磨いているのですが、更に、奥の方とか隅っことか、執念深く手鏡をのぞき込みながら磨き続けておりました。
あまりにも熱心にやりすぎて、思わぬところに弊害が。
次の日の朝、鏡をのぞくと、ものすご~く、くっっっきりとほうれい線が!!!

Cocolog_oekaki_2011_08_30_13_33
なんでも極端はいけません。
それからは手鏡を、歯ブラシの動きのチェックだけでなく、口の動きのチェックにも使うようにしております。
ああ、びっくりした。

ところで指の傷ですが、キズパワーパッドのおかげで、思いのほか早く傷が癒えました。
ビバ!キズパワーパッド!というところです。
ただ、爪は急には伸びたりしないので、少々不自由です。
Cocolog_oekaki_2011_08_30_13_40

ここのところがとがっているので、どこそこひっかかります。
普通のバンドエイドでカバーしています。
最近のバンドエイドは、しっとりと吸着力があり、通気性もなかなか。
なんでもどんどん快適に便利になっています。
薬局に行っても、スーパーに行っても、同じ売り場に少しずつ違った工夫をされた商品がずらずらずらっと並んでいます。
全部を使ってみるわけにはいかないけれど、新しいものにはちょっとずつトライして、あれこれ使い勝手を見てみるのは楽しい。
だからどんどん怪我してみて…それはちょと違います。

またこれから歯医者さんにでかけていきます。
一度治療が済んだ歯も、そのつめたものが劣化し、できた隙間から虫歯になったりします。
削り直してまたきれいにしてもらいます。
その理屈で行くと、どんどん穴が大きく…きゃ~~~
一度も治療しないで、一生過ごせれば一番いいのですが、なかなかそうもいかないので、なるべくこまめに通って、ちょびっとずつメンテナンスすれば、ひどいことにはならないですむかしら。
そのためにも、近所に長く付き合えるお医者さんがあるといいなと思います。
せっかく通い始めたので、なるべく長いおつきあいをさせていただきたい。
お医者さんはなるべくお引っ越しとかしないで、息長くお仕事を続けていただきたいものだなと思います。
歯医者さんでも、小児科さんでも、贅沢を言えば、耳鼻科とか皮膚科とかあれこれあれこれ。
まめに通いましょう、無精を言わずに(→自分)。


夏ドラ

夏ドラいまひとつのりきれていませんでしたが、回を追うごとにどんどんひきこまれたのが、「それでも、生きていく」。
エイタの出ているドラマにハズレなし(みている範囲でですが)と常々思っておりましたが、最近満島ひかり にハズレなしというところでしょうか(みている範囲でですが)。
満島ひかり といえば、おひさまで茂樹兄ちゃんといい感じになり、その前は東京の空襲でとっても好きな顔の青年、高橋一生の演じる医大生だったかに助けられ、「それでも、生きていく」では、耳の位置が素晴らしくてかなり好きな役者さんのエイタ(主観ですが)に「誰も知らないところに行きたい、ふたりで。」と絞り出すように言われ、「モテキ」で共演の森山未來君は、またかなり好きな役者さん…と非常に見るところ見るところで、好きな俳優さんとからんでいる。
ということは私は満島ひかり さんが好き…かどうかはわかりませんが、一度見たら忘れられない女優さんで、でも簡単に、「この子かわいい、好き~」と言えない所が面白いです。

もうひとつみているうちに何となく毎回楽しみになってきたのが、「全開ガール」。
ガッキ―が可愛いから見てる…という風に思っていましたが、テンポもよくて、主人公の子供の頃がかわいくて面白い。
さわやかで明るくて、おしゃれなお洋服がいっぱい出てきて、ガッキ―がかわいけりゃ、そりゃ楽しいわよと、単純に毎週楽しみにしていましたが、先回のお父さんの出てきた回ではやられてしまいました。
大泣き。
主人公の友達か何かのような目線で、またムスメとしての目線で、親としての目線で、社会的な大人としての目線で、あらゆる目線で見て、やりきれなくて泣けました。
大甘かもしれないけど、いい人ばっかりや~なのも、いいですね。
大人になるほどに、救われるとこのある話が好きになります

ためしに見てみて、意外と楽しく見ているのが「ドンキ・ホーテ」。
松田翔太がいいです。
それに尽きると思います。
ぴったりすぎ。

夏ドラに当たりなし(好みの問題かと思います。夏向きの人間じゃないのでしょうか。)がいつもの事だったのですが、今回大当たりはないものの、意外と忘れられない夏になりました(ナンチテ)。
夏休みももうすぐ終わり。
ドラマもそろそろ切り替えの時期ですね。
次はどうかな~。
楽しみです。

2011年8月29日 (月)

魅力的なブログという事

先日魅力的なブログというものの定義について話が出ました。
曰く…

「長いと読む気しないよね。」…ドキッ

「愚痴っぽいのもいや、人の愚痴なんて読む気しないもの。」…キャッ

「写真が多いと見やすいよね。」…ひゃ~~

「更新がまめだとつい寄っちゃう。」…ひ~~~~~~~~

私だって好んで訪ねているのは…上記の条件をクリアした、素敵なブログばかり

嗚呼、わかってはいるのです。
長くて、愚痴っぽくて、写真もさぼってて、更新も時々ぶつっと途切れている不肖のブログに付き合ってくださる皆さま、また、ついうっかり立ち寄って見てしまった皆さま。

ごめんなさい、そしてありがとうございます(*_ _)人

これからもきっとあまり変わることもなく、時々反省して魅力的なブログを目指したりしつつ、公的な場所とわきまえながら、全く個人的な事をぶつくさぼやいてしまうと思いますが、どうぞよろしくお願いいたしますm(_ _)m。

せめて、もう少し活動の報告をできるようにします(´ε`*)ゝ。
まずは写真の整理かな、うふっ(笑ってる場合か)。

2011年8月28日 (日)

色指定

WEB上の色指定を考える用事があり、お友達に教えてもらった色見本のページをギロギロ見ながら、ああでもないこうでもないと考え中。
YMCの色指定なら、一時期たくさんやったのですが、RGB…見当もつきません。
色見本をとにかく何度も見ます。
目の周りがこります。
ちくちくいじって数字を入れたり色々していると、とんでもない色になったり、きれいな色になったり、色の光で実験をしているみたいです。
楽しい。
決まらないけれど。
世の中にはものすごくたくさんの色があって、それが全部自分のものになるようで楽しい。
なかなか決まらないけど。

でも楽しい。
遊び遊びやってないで、頑張りましょう。
ちょっと頭が痛くなったので、今日は寝ましょう。

http://www.colordic.org/
WEB色見本原色大辞典

色見本大好き
色の洪水を見ると幸せな気分になるのは女の子(はちょっと…)だからでしょうか、うふん。

2011年8月27日 (土)

顔を検知!

最近のデジカメやらビデオカメラやらは顔を検知するどころか追跡したりしますね。
その追跡の時に肌色をひとつの手掛かりとするらしく、ロックオンした肌色に近い色を追っかけるのだと、息子とムスメが遊び倒しながら(恐ろしく無駄な動画がたくさん容量をうめています)発見したらしく、家族の肌色で遊び始めました。
ムスメは夏は日焼けを人並みにしますが、冬はさめちゃう、肉まん色(色白というにはちょっと黄色い)。
息子は…何もしてなくても通学だけでグアムにでも行ってきたかのような肌色になるタイプ。
息子が「俺の顔は調味料入れと同じだった~~」とげらげら笑っていました。
ちなみに調味料入れはピーナツの薄皮くらいのこげ茶色(炒ったやつ、ゆでたのではなく)。
笑っていいのかは、微妙。
ムスメと私はいわゆるパインとか言って、収納家具の通販で、色指定するタイプの色。
やはり黄色っぽいですね。

子どもというのは機械(その他新しいもの)へのなじみが早いです。
天才プログラマーになるとかではないけれど、特別に教えなくてもすぐ大人より上手になりますね(我が家の場合は私のレベルが…ですが)。
最近は学校でも一通りの事を教えてくれるので、息子が時々役に立ちます。
「え~?お母さん知らないの~?」
最近は娘もたまにいいます(他分野で)。
今のところ、カチンときた顔をするとヘラヘラっと機嫌を取ろうとしますが、そのうち言いっぱなしになるのでしょうか。
いいような悪いような。
そのたび「親よりえらくなるように、力入れて子育てしてるんだから(本当か?)、お母さんよりなんでも知っていて当然。そう考えたらまだまだじゃん!」と反論する私は大人げない母親でしょうか。

2011年8月24日 (水)

これだけは毎日やると言う事

誰でもいくつかあると思います。
全くキチンとさんでない私にもこれだけは倒れそうになってもやると言う事がいくつかあります。
そのひとつが入浴後、浴室の水分を使ったタオルで、ざっとふき取るとという事です。
クロワッサンの片づけ特集かなんかで、私はそうしていますと言う内容の文章の中に、それをやるとよいと書いてあった時には、「そんな大変そうなことできるかい。」とはなっから読み飛ばしていました。
しかし何のタイミングだったか、ちょっとやってみたら拭いていくはしから、浴室内の温度と湿度がすっすっと下がって行く感じがして「お~~~っ」。
しかも細かいところまでしつこくやるわけではないので、ものの五分とかかるでもなく、風邪をひきやすい私も湯冷めするほど手間も時間もかかりません。
ざざざっと拭いて、窓を開けて浴室を後にすれば換気扇も少しの時間ですみ節電にもなります。
で、しばらく続けていたら、浴室に発生するカビが激減。
今まで週に一回か二週に一回大掃除をして、けっこうあちこちにカビキラー…という苦役があったわけですが、毎日くるくるっと拭いておけば、特別な掃除は要らず、カビキラーもすみっこだけ月に1度くらい。
予想とは逆に手間がぐ~んと減りました。
いつも大抵私が最後なのですが、たまにほかの家族が最後になった時にも、必ず拭いて出てくれと念を押します。
なるべくなら家族全員出た後にやってもらいたいものだと思うのですが、贅沢言えばきりがないので、最後の人だけがやることになっています。
今日は息子が最後。
点検が必要です。

以前息子がよそでもらってきたマイクロファイバー素材(というのだったかしら眼鏡ふきみたいな素材)のバスタオル。
ごしごし拭くのには向かない素材で、(多分そっと当てて吸わせるのが正解?)輪ゴムか何かのように髪の毛や皮膚をまきこみます。
で、人気が無かったのですが、浴室を拭くときに素晴らしい力を発揮します。
どっしりびしょびしょになってからもどんどん水を吸い込み、そして乾きやすい。
その話をしてからは最後にお風呂に入る人が手に取る率がぐんと増えました。
恐るべし、新素材。
息子や夫のTシャツも最近ほとんどシャラシャラしたやつだし、繊維に関してだけでも、選択の幅は広がるばかりです。
パリッと乾いた昔ながらの綿のTシャツに袖通す感覚も捨てがたいですが。

さて息子が出た後のお風呂ちょっとのぞいてから寝るとします。
多少の乱れは気にならないたちですが、お風呂の窓がしめっきりとかだけには、ちょっとだけうるさいです。

ああ、夏休み

とか何とか言う歌があった気がしますが、毎年の事ですが夏休みが終わります。
息子の宿題が終わらぬままに。
毎年「今年は早めにすませるよ。」と嘘になる目標をかかげて始まります、夏休み。
誰に似たのでしょうか、親の顔が見たいものです。
多分母親でしょう。
夫もそうだと言っていたので絶望的です。
毎年泣きながらやってました、家族中まきこんで。
そんな姉を見て育った私の愚弟は、小学校の宿題はやらずに行って正座をすればよいと考えていたようです。

ある意味サラブレッドと言っていい息子、今年は塾の夏期講習が夏休み後半だから、先にやっておくようにと、さんざん言って聞かせましたが、見事に難物ばっかり後に残しています。
理科のレポート、歴史のレポート、総合学習のレポートをまるまる残して、後半戦に突入しました。
歴史、総合学習は関ヶ原の戦いの有名人、大谷刑部と徳川家康と決めて、お盆のお休みの間、実家の地の利(愛知県と静岡県)を生かして、ゆかりの地を訪ねまくって写真をやったら撮り、集めた資料だけ山積み。
理科はリトマス試験紙を使ってみたかったというそれだけで薬局で買ったリトマス試験紙で家じゅうの液体を試しまくったデータだけは山積み(動機が小学生みたいだ)。
その前で考えてるふりして休む息子。
なんでもリビングでするし、パソコンも使う。
その間テレビも見れない我々。
しんすけが引退?たけわきむがが死去?いっとかんの容疑者?もんじゅがなんだって?
なんでも知るのは夜中。
毎年の景色。
今年はサマータイムでお父さんが早く帰ってきて更に暑苦しい。
テレビをつけたがるが申し訳ないが我慢していただく。
節電とやらで家族四人で同じ部屋で、息子に「早く終わってよ。」と言いながら、机と居場所の取り合い。
そしていつの間にか、たまさか会話が弾んだりして、息子がそこに参加してたりして「あんた、なんで喋ってんのよ!」とキレる…。

かわいそうなのはムスメである。
本当にこちらは誰に似たのか毎年宿題が早く終わるのだ。
(親戚中探しまくっても誰もいない…という事は実はなく、夫の親がそんな人達。悔しいから言わないが。)
部活の時間が午後だ、午前だでお昼の時間が決められ、夏期講習が始まれば、五時ころに夕ご飯。
そのスケジュールに親が振り回されているために、どこもいけないし、友達も塾だ、宿題だで、遊ぶ相手もおらず、兄もたま~に家にいても、宿題で遊んでくれないどころか、話しかけると喜んで乗ってくるため話しかけることも控えよと言われ、テレビもつけられない。
楽しみといえば、兄が部活で出かけている時に録りためた好きな番組を見る事くらい。
ゲームは一日30分を守らないとDSが取り上げられておばあちゃんの家に宅配便で送られてしまうのできちんと守らないといけないし、お部屋の引き出しも片づけちゃったし、チャレンジも毎日やる分の先の方までやっちゃったし、ピアノの練習は多めになんかやりたかないし、お手伝いも計画表が真黒になるほどやってるし(あくまで本人申告)。
漫画も図書館で借りてきた本も読んじゃったし、一人で図書館行くほどまめじゃないし。点つなぎブック(点つなぎばっかり何百と載っている)もほとんどやっちゃった。
で、退屈の権化と化したムスメは毎年この時季むちむちと太っていると…。

お母さんは…すみません。
息子の事は言えません。

「宿題をため込んで今やってます。」

声がちっちゃい!もう一回!
「宿題を!ためこんで!ここのところ毎日やってます!」

ムスメ小学5年生、夏休みの終わりを待ち望む子ども。
そんな彼女のためにこんな事をしてみました。

Dscn0245_2
これはキズパワーパッドを貼りそこなった私の指です。
イカのエンペラみたいになっております。
ちょっこしこんなものを。
Dscn0249
イジガルという名前で、普段両家の子女だったら使わないちょっぴり乱暴な言葉づかいをする、見かけによらず意外とワルなお友達です。
ちなみにこれを描いたのは一昨日あたり、宿題をため込んでいる人たちだけ起きている夜更け、撮影は息子。
こんな事をしていないで、とっとと宿題をした方がいい親子。
呪われた血としか言いようがありません。

エンペラ…もといイジガルの耳がぺらぺらしてキーボードが打ちにくい!!
そんな事をやっていないで、早く寝てサマータイムで早起きのお父さんの朝ごはんでも作ればいいのに。(3回に1回くらい起きてやっています。一応毎日見送るが今朝は布団で見送った。)
ああ、夏休み終了まであと一週間をきりましたね。
私はともかく(ともかくか?)息子、何とか終えられるのでしょうか。
毎年何とかなってるんだけどね。




2011年8月21日 (日)

歯医者さん

3年ぶり?
歯医者に行ってきました。
冷たいもの、熱いもの、そして甘いものがしみてギンギン痛む、それがここの所ずいぶんひどくなってきたのですが、一日のばしにしていました。
結婚してから通っていた歯医者さん、引っ越して遠くなっていても通っていたのですが、ごく近所に評判のいい歯医者さんができ、子どもたちもそこに通い始めたため、そこに転院…と思っているとなかなか。
新しい所に予約を入れるのは何となくめんどくさいもので、もう梅雨明け位からぐずぐず言っていましたが、しみる頻度と速度がハンパなくなってきましたので、エイヤッと電話して言ってきました。
上手な歯医者さんで、きーーーーーーんっと久しぶりの痛みをチョロっと感じはしましたがあっという間に痛みが一番ひどいところはなんとかしてくれました。
昔に比べるとあっという間だしあまりひどい目に合わないようになっているので、腰軽く行けばいいのにね。

甘いものを食べるとなぜしみるのか…熱いもの、冷たいものがというのはなんとなくわかるけれど、なぜ甘いもの?
ちょっと気になったので先ほどググってみました。
どんぴしゃりなQ&Aがありました。

http://www1.ttcn.ne.jp/~Tsutsumi-Shika/faq/page19.htm

だそうです。
しみるのが軽減したので、ちょっと遠ざかっていた、チョコレートをついつい。
だめじゃん。

2011年8月18日 (木)

痛い

包丁を買いました。
1年半前に木屋のお楽しみ袋というめずらしいものが売り場に並んでいました。
5000円の包丁そのままの値段でキッチンバサミだのまな板だの野菜の水切り器だの手ぬぐいだのがついてました。
握りやすく、切れ味のよい包丁にかわり、それまでものすごく切れないのを使っていたののもあって、その差に驚きました。
全然疲れ方が違う。
しかしものすごく気にいっていたのに洗い桶か、洗いかごかどちらかに入れていた時、重たいものがうっかり乗せてしまったらしく、刃の真ん中で折れてしまったのです。
もちろんぽっきりと言うわけではなく、ひびが入っただけで使えないわけではないのですが、危ないかもしれないので、新しいものを買いに行きました。

やはりたったの1年半とはいえ多少は劣化があったらしく、今回もその新しい切れ味に「おお~」と感じたのですが、どうもそれほどに楽になったと感じない。
そして買ってたったの3日なのに、もう2回も手を切りました。
急に切れるようになったからかなと思いましたが、前回はそうでもなかった。
「呪い?」「妖刀?」とか思いましたが、やっとわかりました。
刃の厚みです。
刃の部分はぎらぎらするほど鋭く、すっと切れるのに、刃が出刃包丁ほどではないにせよ厚い、それに伴い、重い。
刃が厚いので切り込む時は切れるけれどその後、刃を入れる時にはぐっと力が入る。
そのせいで、怪我が絶えないし、何を切っても疲れる。
見比べてみると前回の木屋のものに比べると倍ぐらい厚みがありました。
薄い刃のため、ずさんな扱いに折れてしまったのですが、やはり使いやすかった木屋の包丁。
包丁はやはり包丁屋。
値段が同じくらいなのに、使いやすさが全然違いました。
今のおニューのものは、出刃包丁として使って、今度のお休みにまた木屋の売り場にでも出向こうかと思います。

今日の傷はちょっと深く、爪が三角に削れて肉がそげました
キズパワーパッドとゴム手袋のお世話になって家事をしていますが、それでもまだ痛い。
さすがのキズパワも爪の代わりにはなりえず、キーボード使っていてもちと痛いです。
爪がのびるまでちょっと面倒な感じです。
包丁での傷は左手限定なのがまだ救い。
刃物はこわいです。

2011年8月17日 (水)

・・・ぶり、まだ続く。

デジカメがとうとう壊れました。
マクロモードじゃないとピントが合わない。
7年ぶりに買い換え。
今度はニコン。

ムスメの髪を切りました。
ほぼ1年ぶり。
お母さんは切り過ぎるからと言いながら、美容院がいまだ怖いため、おうちカット。
リビングを片づけて、新聞を敷き詰めた上に、簡易ないすを置いて、テルテル坊主みたいになるケープをかぶせてスキバサミでジャキジャキ。
いつも切り過ぎてしまうからと、濡らさないで切ったら、どうも不揃い。
適当感がただようざんばらに。
明日もう一度、もう少しそろえてみよう。

こちらも1年ぶり?1年半だったかな?
お台場に等身大ガンダムが再びお目見え。
今度は立っておらず、地面にパーツのままごろごろ置かれていると、夫の実家で見たニュースで。
その場でアンケートをとっており、一番好きなパーツを聞いている。
一番人気は顔なのだが、次点が意外なパーツですとの前ふりで出た答えは、足。
しかもふくらはぎだそう。
人間の形を模したロボットで、ふくらはぎを表現したのはガンダムが初めてなのだとか。
でかいカメラを手にした、マニアの人が語っていました。
自称ガンダムマニア、しかもメカが好きという息子、本日父親を伴い、行ってきました。
新しいカメラを持って。
今回右手にのって写真が撮れると聞きこんでいたので、非常に強く勧めていたのだけれど(私が)、偏屈な息子は自分が写真に写る事を嫌って、してきませんでした。
残念。
そのために父親をつけて出したのに。
私が残念がる事でもないけれど。

…ぶりがつづいております。
なんだか色々壊れたり、調子が悪くなったり。
デジカメのついでにプリンターのインクを買いました。
他の色もいくつか余分に買っておこうかなと考えもしましたが、万一壊れて買い換えでもしたらもったいないので、必要なものだけに。
こうして備えているものが壊れずに、意外なところがやられたりするものですが。
次に怪しいのは、電子レンジかもしくは冷蔵庫。
他にも伏兵があるかしら。

2011年8月12日 (金)

・・・ぶり

7年ぶりにテレビを買った。
ごろっとしたブラウン管がなくなったテレビ台に、うすべったいテレビがのっているので、ぺたっとした場所があいている。
その空いた場所にリモコンがのったり、ラジオがのったりしている。

6年ぶりに携帯を変えた。
売り場で夫相手に、「この辺のが、いいと思うの、この辺のが…」とジェスチャー入りで話していたら、「お安い携帯をお探しですか~?」と売り場のお姉さんにこちらの目的を看破されてしまいました。
売り場中で2番目に安い機種を買ってきました。
手に持った時にしっくりくるなと思ったらもとの機種と同じメーカーでした。
でも…うちにくい。
濁点の場所、改行の場所その他いろいろ、押す場所が違います。
これがまたスマホとかなんとかだったら、もっと大変だろうなあ。

半年ぶりに髪を切った。
ついつい…で時間がたってしまったのだが、今切ってくれている人は、切ったばかりより伸びてきた時に、よくなるタイプの人で、いつも、まだいいか、まだいいか、と思ってるうちに結構たってしまう。
今回も椅子の下にどっさりと髪の毛がちらばっていた。
「売れそう…」とか話してたら、練習用の人形も高価なのは、人毛が使われているものもあるとシャンプーをしてくれた若い子が教えてくれた。
中には少し癖のある毛のものもあるとか。
基本的には直毛なのだそうだが、天然パーマの人の毛も植えて、天然パーマ人形もあった方が、ぐっと練習になりそう。

次に行かなくてはならないのは歯医者さん。
こちらはいつぶりかなあ。
多分、3年ぶりくらい?
虫歯ができている。
最近甘いものがしみる。
何もしていない時にも、何となく違和感がある。
歯医者さんって久しぶりとなると予約するのに、敷居が高い。
お盆休みがすんだら必ず電話をしなけりゃ。

エレカシ毎年恒例の野音、ファンクラブに入って10年になりますが、先行発売の抽選、はじめてはずれてしまいました。
野音での公演に行かないのは、5年ぶりか…。
引っ越しが重なったのと、子どもの運動会が重なったのとで2年連続で行くのをあきらめた時があったのですが、それ以来。
がっかり。

伊達眼鏡を買った。
「3月のライオン」の桐山零モデル(年がい…いやあ)。
伊達眼鏡を買うのは10代以来かな。
高校生の頃伊達眼鏡が大好きでよくしてた。
つけまつげなんてしないから、もちろん素通しのレンズがはまったもの。
アンティーク調のおじいちゃんがしていそうな小さな丸眼鏡とか大きなトンボ眼鏡、大江千里みたいな(年がばれるがね)ボストン型とか色々。
品薄で、9月にしか届かないとか。
9月に届くその眼鏡に合うような髪型をお願いした(つもり)。
なんかそういうのってちょっと楽しい。

…ぶりが続くとちょっと楽しい。
そのたびにたまったほこりがドドーっと一気にとれた様な感じがある。
すっかり新しい服を着て玄関を出るときみたいなそんな気分。
こんなにたくさん…ぶりがあるのは物を大切にしているようですが、単に無精で先延ばしにするタイプってだけかも。
18年同じ車にのって最近やっと買い換えた夫といい、新しいものを買いに行くのをいちいちしぶる息子といい、一家で無精?
ブログの更新も久しぶり?昨日の日付の今日、更新したのが…え~といつぶりだろう。
心を入れ替えて、ちょこちょこ書かせていただきます。
改めてよろしくお願いします。
明日からまたちょっと空いちゃうけど。
お盆だから。ちょっとの間、でかけてきます。





2011年8月11日 (木)

暑いですね。

先週の涼しさがまた、嘘のように暑いですね。
昨日電気代のレシートがポストに入っていました。
なんと前年比29%オフ。
熱中症に軽くなったり、ムスメが汗疹だらけになったりしながら、クーラーを我慢してアイスノンまくらにしたり保冷剤を首に巻き、ごはんをまとめだきして、ウォッシュレット付き便座の電源を切って手動にきりかえ、台所の電灯を一個とり、テレビを節電モードにし、パソコン周りの電源をスイッチ付きのタップにしてパチパチ切り、掃除機を使わないでクイックルワイパーや雑巾がけで掃除をし、各所の照明をまめに切り、寝る時間まで家族全員リビングで過ごし、大きめの水筒に氷と麦茶を入れて冷蔵庫の開け閉めを減らし…と節電、節電ときばった成果か。
去年は今年より早く帰省し、長く留守にしたにもかかわらず、この結果。う~む。
こうはっきり成果が出ると嬉しいと同時に、なぜ今までやってこなかったかと、後悔しきり。
とほほほ。

しかしここの所さすがに熱中症は恐いので、クーラーを使い始め、使い始めると、これが使用時間はのびるばかり。
28~29度の設定とはいえ、元気に風を吹き出すクーラーを見ていると、ちょっぴり気が引けてしまう。
他はがんばるので…許して。

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31