無料ブログはココログ

« 夏ドラ | トップページ | 大きな穴 »

2011年8月30日 (火)

歯ブラシのかかと

今日で3回目。
歯医者さんに通ってあちこち修理、修繕中。
歯医者さんが、がーーーーっと削った穴、「ゆすいでくださ~い。」と言われて、起き上がる間に、ついつい舌でさぐってしまいますね。
「うわ、でか…」と大抵思います。
先日、やはりそんな感じで、探りまわしていたら、お医者さんに「舌で触ると穴が大きく感じますよね。」と言われました。
そういうものだそうです。
その後、説明のために、手鏡を渡されて見てみたら、やっぱりかなり大きな穴でした。
大きいんじゃん。

歯医者さんに行くと、ブラッシング指導をしていただけます。
きれいなお姉さんに、優しく磨いてもらいながら、指導してもらいます。
皆さん、しっとりとした、冷たいすべすべな手を爪をしていて感心します。
人前で手を使う職業の人は手の手入れに常に注意を払っているのですね。
見習いたいものです。
と言いながら、先日包丁で指先ごとざっくりいってしまって、左手の人差し指の爪が困ったことになったままですが。
それはともかく、ブラッシング指導。
先日していただいた時に、お姉さんが面白い事を言っていました。
「歯ブラシのかかとの所を使ってですねえ…」(お姉さんは大抵こんなイメージのラブリーな声でお話しをする。)歯ブラシのかかと…それは。
Cocolog_oekaki_2011_08_30_13_14
前歯の裏を磨く時はここを使うといいとのことです。

その他いろいろ、詳しく教えていただいたので、その日の夜は、いつにもましてクリクリクリクリと長々磨いておりました。
あまり感心した事ではありませんが、最後に入る事が多いので、いつもお風呂で磨いております。
コップと、手鏡と、歯ブラシを持ち込んで、半分閉めたお風呂の蓋にのせ、湯船につかりながら、しゃかしゃかしゃかしゃかと、いつも結構長い事磨いているのですが、更に、奥の方とか隅っことか、執念深く手鏡をのぞき込みながら磨き続けておりました。
あまりにも熱心にやりすぎて、思わぬところに弊害が。
次の日の朝、鏡をのぞくと、ものすご~く、くっっっきりとほうれい線が!!!

Cocolog_oekaki_2011_08_30_13_33
なんでも極端はいけません。
それからは手鏡を、歯ブラシの動きのチェックだけでなく、口の動きのチェックにも使うようにしております。
ああ、びっくりした。

ところで指の傷ですが、キズパワーパッドのおかげで、思いのほか早く傷が癒えました。
ビバ!キズパワーパッド!というところです。
ただ、爪は急には伸びたりしないので、少々不自由です。
Cocolog_oekaki_2011_08_30_13_40

ここのところがとがっているので、どこそこひっかかります。
普通のバンドエイドでカバーしています。
最近のバンドエイドは、しっとりと吸着力があり、通気性もなかなか。
なんでもどんどん快適に便利になっています。
薬局に行っても、スーパーに行っても、同じ売り場に少しずつ違った工夫をされた商品がずらずらずらっと並んでいます。
全部を使ってみるわけにはいかないけれど、新しいものにはちょっとずつトライして、あれこれ使い勝手を見てみるのは楽しい。
だからどんどん怪我してみて…それはちょと違います。

またこれから歯医者さんにでかけていきます。
一度治療が済んだ歯も、そのつめたものが劣化し、できた隙間から虫歯になったりします。
削り直してまたきれいにしてもらいます。
その理屈で行くと、どんどん穴が大きく…きゃ~~~
一度も治療しないで、一生過ごせれば一番いいのですが、なかなかそうもいかないので、なるべくこまめに通って、ちょびっとずつメンテナンスすれば、ひどいことにはならないですむかしら。
そのためにも、近所に長く付き合えるお医者さんがあるといいなと思います。
せっかく通い始めたので、なるべく長いおつきあいをさせていただきたい。
お医者さんはなるべくお引っ越しとかしないで、息長くお仕事を続けていただきたいものだなと思います。
歯医者さんでも、小児科さんでも、贅沢を言えば、耳鼻科とか皮膚科とかあれこれあれこれ。
まめに通いましょう、無精を言わずに(→自分)。


« 夏ドラ | トップページ | 大きな穴 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31