無料ブログはココログ

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月

2012年4月28日 (土)

風邪の記録

ここ5~6年一度も寝込んだ事のない夫が、38度越えの高熱を出して倒れました。
今年の風邪の威力ってば…。
GW前に…なんて素敵なタイミングなの
うつりそうなので、お仕事を早めにやろうと、夜更かししました。
間に合え、私。

30日に息子が部活がないから、家族で(ムスメ以外)「大友克洋GENGA展」いっちゃおっか?とチケットとりにロッピに走ろうと思っていましたが、走って行く前でよかったです。
実家から学生時代読んだ「AKIRA」を取り寄せ、息子に読ませて洗脳し、一緒に行くことにしたけれど、うっかり行きそびれるとかなわないので、平日勝手にいっちゃおっかな。
金田のバイクに乗ったり、「童夢」の壁の前で写真撮ったりするのに、息子を使おうと思っていたのだけれど。



2012年4月27日 (金)

素敵なお宅に月イチ訪問?

ご自宅を開放して、月に一度開催してらっしゃる、小さな手づくり市場(ちょっとした雑貨屋さんより広いようなお宅ですが)。
ご案内をいただいて、とことこ歩いて行ってきました。
西武線、花小金井駅から、青梅街道をわたってしばし、閑静な住宅地の中、素敵なお宅の明るいお庭の前に小さな看板と、目印の大きな陶製のゆるキャラ、おかっぱちゃんが目印。
丁寧に作られたとてもきれいな品々と、山積みのパンやお菓子を、迷いながら手にとり、素敵な奥様と娘さんたちに、説明をしていただきながらお買い物。
素敵なお宅を拝見して、きれいなものをたくさんみて、(お菓子も食べて?)心に栄養を蓄えこんだので、頑張る気持ちがわきました。
次に作ってみたいものが色々、出てきました。
まずは、オーダーいただいてるものや、そのほか色々宿題を。
まだまだ、修業がたりないです。

音楽聴きながら、お散歩気分で、楽しかったな。

いただいたチラシ、のせておきます。
今月は28日まで。
来月は5月の24日から26日です。
Ichi
Ichi_2

2012年4月24日 (火)

気分を変えたくなった夜

地味でとぼけていて、よく見ると味わい深くてなんだか可愛い、前のデザインも気にいっていたのですが、なんだかパッと気分が変えたくなってブログのデザイン、変更しました。

こういう事で十分気が晴れるんだから、割と底の浅い落ち込み…
そっか、軽く落ち込んでたんだわ、私ったら。
気がついたら、気が軽くなりました。
好きな曲でもリピしながらお風呂に入ろうっと。

自分の大事にしてるものは、自分にしかわかんない。
わかってくれる人に、ちょいちょい会えてる…ホントはそっちが奇跡だというのに、わかってもらえなかった事ばかりが、いやな物をかんじゃった記憶みたいに、頭に繰り返し浮かんじゃう。
もう中年だと言うのに、まだだめかあ、私。
不惑の年過ぎても、まだまだ惑うてばかりだわい。
「50,60は鼻たれ小僧…」と言っていた、100歳超えても作り続けた彫刻家を思い描いていたら、おじいさんみたいな喋り方になっちゃったわ。

おっとぐちってしまったわい…夜更かしはいかん、いかん。

2012年4月22日 (日)

整理整頓

ちょっとはじめてしまった、整理整頓がつぼにはまってしまい、リビング及びその続きの間の、整理整頓に一日の大半を使ってしまった。
ためにためて、ちょっとストレスになるくらい、ごちゃごちゃっとしていたものを多少、あちこちしただけの事なのだけど、私にしかわからないレベルで、ちょっとすっきり。
おかげで、あれこれ、しわ寄せがきて、こんな時間になってしまった。
早寝宣言は?

ムスメの熱が長引いて、結局軽く肺炎をおこした。
今度のが、インフルBだった感じである(先月のは、やはりマイコ?)。
インフルにかかると、うちの子供たちは、いつもかならず、おかしなうわごとを言って起きて泣くのだが、今回も、夜中に起きて来て、「お兄ちゃんがおやつを取る。」とか「ハガキが送られてきて、トイレに敵が攻めてくるの。」とか果ては「お兄ちゃんが~ミ~ファソラシドレド~、ミ~ファソラシドレド~」と訴えてくるので困った。
音階の詳細は、大体そんな感じ…としか憶えてないので、ひょっとしたら違うかもしれないけれど、泣いて何かを訴えているのに、言ってる事がそれなので、笑いそうになっちゃって困りました。
私のうわごとコレクションに入れておこう……などと不謹慎な事を言っているとお医者さんに怒られるので、やめておきましょう。
以前、お医者さんで、インフルエンザにかかった時の事を話すのに、「おかしなこと言ってたよね~」などと、親子で楽しそうに微笑みながら、しゃべっていたら、「うわごと言ったりとか、異常があった時は、急いで受診しないとね。」と、重大事なんだぞと言う感じで、やんわり釘をさされました。
どうも、なんでもすぐ、笑ってしまうのがいけません。

あ、いかん。
明日息子のお弁当作らなくちゃいけないのに。
こんな生活をしていたら、インフルがうつっちゃう。
最近月一で親子で風邪リレーしてるから。
朝型の生活ってどうやったらできるのだろうか。
とほほほ。
マスクを一日してるので、顔がかゆいし…もう。

2012年4月21日 (土)

キジと走ったあの頃

高校生の時、自転車通学をしていましたが
平和公園と言う名の広大な墓地を通っての通学でした。
(遅くなったら、通らない)
山を開いて作った訳で、墓地とその通路以外はほとんど山のままでした。
多くの高校生がそうであろうと思うのですが、その日も私は全力疾走だったわけなのですが、わきの藪から大きな雄のキジが飛び出してきた事がありました。
私もびっくりしましたが、キジの方も面喰らって、もと来た藪に帰るのではなく、しばし私の自転車の横を、一緒に走るようなことになってしまいました。
私も全力疾走、キジも全力疾走。
両者一歩も譲らず、時間にすれば多分1~2分のことと思うのですが、結構長く感じられる位、デッドヒートを展開し、その後我に返ったキジが藪にザザっと戻って行って終了でした。
しかし、キジも飛べばいいのに…びっくりしちゃって…おバカさんねえ…と今の今まで思っていましたが(もうかれこれ20年以上…)先程ツィッター上で、「キジは飛ぶより走る方が得意。時速30キロほど出る。」というつぶやきを読んで、「お~~~…」と目からうろこが落ちました。
時速30キロで走っていたのね、その頃の私。
キジは大きくて頭が自転車の前輪辺りにあって、尾っぽは後輪より後ろの方までありました。
立派な鳥だった。
今も、実家の近くには結構出没するそうで、あんなに大きくて立派な鳥がそこここに、うろうろしているようなら、日本もまだまだ大丈夫…と言う感じがするのでした。

ちなみにツィッター、ほとんどつぶやかず、読むばっかりですが、私がフォローしており、今回の貴重な情報を得たのは、「動物豆知識bot」。
直接、何の役に立つと言うのではないですが、会話の潤滑油になるような、そんな素敵な豆知識が得られます。
私は、よく息子に「みつばちってさあ…」とか声をかけて、一方的に垂れ流しております。
時々、ひ~~~~~という内容にも行きあたりますが、お好きな方はどうぞフォローをお勧めです。

2012年4月18日 (水)

たけのこ

夫の実家から、たくさんのタケノコをもらった。
もらってすぐ全部ザクザク切って梅干し入れた薄味のだしで、鍋いっぱいがーっとたいてしまう。
今日は、それを更にザクザクと1センチ角位に切って、ベーコンとバターでいためて、おしょうゆとこしょうで、香りをつけて、たいたばっかりのごはんに混ぜ込む、混ぜ込みチャーハン。

こんな時のために、庭に木の芽が植えてあるのだけど、昼間、あしながばちがうろついていたので、暗闇でハチは危険だし…と取りに行かなかった。
喜ぶのが大人だけだと、省略しちゃうことの多さよ。
ケーキ買っちゃうとかは、省略しないのに(うちの子供はケーキをあまり食べない)。

ムスメはタケノコが嫌いな為、一切食べない。
メンマも嫌いという徹底ぶりである。
好き嫌いするからか、また寝る前になって、熱を出した。
タケノコだから、あまり風邪とは関係ないかもしれないのだけど。

……また、風邪~~~?



2012年4月17日 (火)

図書ボの宿題(追記あり)

図書ボランティアで司書の先生に頼まれたものを作っています。
久しぶりのチョキペタ。
もう頼まれてから3カ月近く、ほったらかしになっていたので、さすがに…。
チョキチョキペタペタ。
図書室のディスプレイに使うものなので、あれこれ考えずにのびのび作っていると、とっても楽しいです。
たまに、図書ボの作業とか、授業参観の時についでに寄ったりした時に、自分が作ったあれこれがあるのも、嬉しくてにまにましてしまいます。
中学生の時の図書委員の時を思い出してみたり。

しかし、チョキペタは散らかります。
いつのまにか、椅子と言う椅子には、色々な色の紙の束や、雑紙が入ったひきだしや、チョキペタ用の古雑誌などがのっており、机の上は、切りぬいた紙や、これから切り抜く紙で、カサカサカサカサしているし、床には、大小の切りくずがたくさん散らかっています。
でも、いいのは、散らかっても所詮、全部紙なので、洋服が汚れるわけでも、不潔になったり、蟻が来たりするわけでもないので、そう、気にならないこと…。
消しゴムはんこも、散らかるのが、消しゴムの切りくずだけなので、やっぱりそう…。
って思ってるのは私だけで、家族は、何か言うと、怒っちゃうから黙ってようと思ってるだけだったリして。

散らかるから、一度にやろうとして、こんな時間になってしまったけれど、残念ながら終わらず。
明日には、必ず終わらせよう。
卒業までに図書室の写真たくさん撮っておきたいな。
人は手をかけたものに愛情を持つ…らしいです。
子どもの学校のなんやかんや、ついつい億劫に思うようなお手伝いも、あるにはあります。
でも、都合のつくならば、一度くらいは、何かしらのお手伝いの係りになると、学校に愛着を感じるかもしれません。
私の図書ボは、完全に道楽ですが。
好きな事ばっかりやらせてもらって、地道な事はあんまり上手じゃなくてすぐ間違える、だめだめ図書ボ要員です。

(後日記述)定例会には間に合わせました。
こんなんできましたよ。
Dscn1506
そのほかの職能はまったくありませんが、幼稚園の先生になれそう?
そのほかの職能こそが重要なので、なれません残念。

2012年4月16日 (月)

「みました」スタンプ

先日、ハコギャラリーさんに、納品しました、「みました」スタンプ。
Dscn1444_4   

パッケージもすこ~しだけ、新しく。

小さなはんこ、作るの楽しかったので、しばらくみましたはんこに凝ってみようかなと思ってます。

口内炎には…

やっぱり、これでしょう。
Dscn1509
錠剤を、患部にペタリと貼り付けます。

風邪にもよわいけど、口内炎や、ものもらいも、わたくしの人生を、台風銀座のようによく通っていくので、これと、ものもらい用の目薬が、我が家の薬箱にはかかせません。
近所の薬局が閉店セールをやっているので、買い占めちゃおっかなぁ…。
これからもかかる気満々って感じがしてやだなと思って、先に行った時には、やめたのですが。
かおっかなぁ。

2012年4月15日 (日)

筋肉

私は、大人のバレエ教室に通っています(何度も言っておりますが)。
通ってはいるのですが、私が習っているのは、息をする事です。
トホホ…恥を忍んで言えば、もう習い始めてかれこれ6年ですが、先生に、やっと「ずいぶん動けるようになったわねえ。」とか「時々、自然な動きがあるわよ。」と言われるようになったという。
そんな私が、先のレッスンで教えていただいて、目から鱗だったのが、深呼吸する時肩をあげないと言うこと。

皆さん、一度、深呼吸してみてください。
深呼吸する時に、肩があがるひと…あなたは、肺の上の方しか使っていませんよ(偉そう…)。
肩を下げて、両方の肩甲骨が近づいて、胸をひらく感じにすると、肋骨が広がって空気がたくさん入ります。
動きを追ってると息がとまる不器用さなので、先生の私への目下の指導の中心は、動いているときも、息をさせること…かしら。
トホホホホ~。

先日、軽い気管支炎をおこした時に、お医者さんに、聴診器をあてられていた時のこと、夜寝る時に咳が出るので、寝た姿勢で、胸の音を聴いてもらうことになりました。
その時、うまい事息が吐けず、「はい!!もうちょっと、しっかり吐いて!!はい!!もっと頑張って!!」と掛け声をかけられました。
挙句、「ああ、やっと聞こえた~。」と言われました。
お医者さんの前だと緊張するので、普段に輪をかけて、浅い呼吸になっていたのもありますが、お医者さんに応援されたのはお産の時以来です。
早速それを、バレエの先生に報告すると、「ほら!!だから言ってるじゃない!!あなたに大事なのは、息をすること!!」と怒られました(シャキシャキした美人の先生に怒られるのが大好きウフ、変かしら)。

ということで、最近肋骨を広げて息をすることに凝っている私(凝っているっていうのだろうか、これを)。
すると…気がつくと、胸と背中が痛い。
軽い、筋肉痛的な感じ。
深呼吸で、筋肉痛って…。
私の体、どこまで、なまり切っているのでしょうか。
バレエのレッスン中も、なるべく鏡の前にいかないようにしているのですが、たまに目に入ると、その、のたのたどたどたぶりと言ったら…。
人が2年もすればできることが、6年たってもできない…というのは、もう生まれた時からずっとなので、もう仕方がないのですが、「少しだけどよくなってる。」と辛抱強く教えてくださる、先生にくっついて、とにかく少しは人間らしい動きができるように。
トホホホホホホ~。

筋肉量にも、体脂肪率にも、体重にも、はっきりした変化は読み取れませんが、6年前よりは、まともな体になっているので、なんとか頑張って続けていこうと思います。
まともなといっても、運動会で1日立っていても、腰が痛くならなくなったとか(痛くなっていた)。
ライブハウスで開演時間にはもう、つらくて立っていられなくなったりしないとか(なっていた)。
サンダルで1日出かけただけで、帰り道には、足の甲と土ふまずが痛くて歩けなくなるとか(なっていた)。

今年の息子の運動会、スタンディングのライブの日と重なっちまいました。
運動会で立ちんぼ→電車で立ちんぼ→スタンディングでなるべく最前ゾーン。
よし、体力つけるぞ!
なんちゃって。
バレエの日以外、時々自転車で全力疾走(あぶない…)するくらいしか、運動しない毎日。
家では、ほとんど座りっぱなし(掃除しようよ…)。
運動会で、体力を使わないように、なるべく座って過ごそうかな…。
「中学最後の運動会にそんなこと言ってるの~?」とママ友に呆れられました。
折りたたみの椅子、持っていこっと





2012年4月13日 (金)

ロゴや文字

昨年、みつばちマーケットでご一緒した、手づくり石けんの作家さんにロゴのはんこのご依頼を受けました。
実を言うと、もうかなり前の話で、納品したのもうんと前…すみません。
去年の話をすると鬼が笑いそうです。
失笑?

屋号をお持ちでないと言う事でしたので、屋号を考える所から、不肖わたくしはだなつ、ご一緒いたしました。
候補を出しては、検索して、かぶってないか調べながらの作業。
なるほど~の道草をしながら、楽しく考えさせていただきました。

石鹸をつつんだパッケージや、お名刺にお使いになりたいとのことでかなり小さくこしらえました。
こちらが印面。
Photo
持ち手にニスを塗った、オーブンペーパーの上で撮ってるし…。
読みにくいですね、はんこだから反対だし。
Photo
バブリンバブリンさんです~
器用で美人のママさんで、大変上手に使っていただいているのを、石鹸をご注文された方から見せていただきました。
こうしてお嫁に行った子が、頑張ってお役に立っているのを、人づてに聞くのは、とてもうれしい事です~

こんな感じで、イチからご一緒に考える事もありますし、ご自分の中にしっかりしたイメージをお持ちの方の場合は、ちょこちょこっとしたイラストを描いてきてくださることがあります。
それをはんこにしやすいタッチにちょっとブラッシュアップし、細かい所をご提案するという、工程でのお仕事もあります。

こちら、ハコギャラリーに納品をされていた、ナチュラルなテイストの(なんかボキャブラリーが貧困ですが)お洋服を作られる作家さん、Chobit'sさん。
Chobi_2
イラストはご本人が描いていらしたものをもとにしました。
ご本人もイラストに雰囲気の似たほんわかした優しい感じの方でした。
お顔立ちがちょっぴり、A●B48で私がひいきにしている、とも~みちゃんに似てます。
お引っ越しされると言う事で、ハコギャラリーさんへの参加はもうされてないようです。
袖すりあうも多生の縁。
お引っ越しの忙しい間際に、オーダーいただいてお目にかかれたことがとてもうれしかったです。

お子さんの幼稚園でのお名前つけに使いたいからというご注文で、ひょうひょうとした感じの達者な(どうも表現が古臭いですね、私は)イラストを描いてきていただいたママ。
その味を生かすのもいいのじゃないかなと思ったのですが、もう少し明快な物(と解釈)をご希望のようでしたので、構図を生かした形で、もう少し描きこんだものをご提案しました。
お名前はんことセットでお作りしました。
Photo_3

また、もうすでに活動をされている方ですと、もうお使いのロゴをお持ちだったりします。
こちらは、ハコギャラリーさんで、出せばすぐ無くなっちゃうヒット商品、スイーツまち針をお作りのHIRASORUさん。
ご自身でお作りになったロゴで素敵なパッケージを作って活動されています。
Hirasru
ムスメがまち針のむこうで「私も撮る~」とサンタさんにもらったカメラを持って待っています。
Hirasru_2
なかなか頑張ったサイズでした。
「彫りやすいように、省略してくださいね。」と言っていただいたのですが、省略するとイメージを壊してしまいそうで、なるべく頑張りました。
まち針にしていらっしゃるモチーフを使ったミニミニハンコをセットにさせていただきました。
HIRASORUさん、とても上品で優雅な方で、あがりまくった私は、毎度のことですが、どうでもいい事をしゃべり散らかした感じでした。
きちっとした賢そうなお嬢様をお連れで、親は子の鏡(あれ?反対?)と、行儀の悪いムスメを見てちょっぴりあきらめのため息が…。
HIRASORUさんのブログでも、はんこをご紹介いただいています。
こちらの方が、全然、美しいです~写真が
こちらでチェックして、まち針入荷のお知らせがあると、すぐ行くのですが、そうは言いながら、ぐずぐずする私の事…買いはぐることばっかりです。
http://ameblo.jp/hirasoru/
『HIRASORU』~Hansmade~
2月29日の日記に私の事を書いていただいております(2月…遠い目になっちゃいますね)。

それから、絵手紙をされているお母様が、住所ハンコをご注文くださり、それと同時に、ネイルアーティストとして活動されている娘さんが、マークのはんこをご注文くださいました。
こちらも、なかなかしびれる大きさ。
Dscn1250_2
写真が悪くてなんのこっちゃ分からないでしょうか。
マークの小さい文字の所には、筆記体で、miinoと書いてあります。
こちらのお仕事の後、またあらためて、アドレスとロゴのはんこをオーダーいただきました。
Dscn1335
領収書におされる、フルネームのはんこと、シールを作るのにお使いいただくロゴはんこ。
フルネームはんこはデザインさせていただきましたが、ほかのものはもうすでにお使いの物。
イメージを壊さないよう、がんばります。

そして、最近、先代が壊れたので、新しく作った、領収書のフォーマットはんこ。
私の場合、お支払いをいただいたと言うおしるしのみの、ナンチャッテ領収書みたいなものなので、かわいくしたいなと、レースペーパーにおして作ってます。
こんな感じ。
2012
ナンチャッテ実印も作りました。

細かい文字を彫る時には、例の、ヘッドルーペを使います。
ガンブラの工場で金型職人の人も使っていた、本格的な物…のはず。
2900円くらいですが。
夫のとげぬきをするために買ったわけではありません。
一応連続使用1時間までと書かれているので、1時間~1時間半で一度休憩をとります。
連続で使用していると言っても、途中ふっとテレビの方を見たり、子どもに呼ばれたりするので、ホントの連続使用ではないため、多少はオーバーOKです。
ルーペでのぞきこんで、そこは私とはんこだけの世界…。
(時々、子どもに呼ばれ…)
息をつめてぐーーーーーっと深海にもぐっていくように、集中して、ぶあ~~っと顔をあげて、大きく息をつきます(なんか、前にもそんなこと書いた気が…)。
鯨みたい…いえいえ、人魚とか?
そういうことに、この上ない喜びを見出すというのが、ぶきっちょな私のこういうことに関して、たったひとつの、職能かもしれません。
ああ、楽しい。
しかし、何もかもルーペを使いたくなってしまうので、一応、文字のみ…あと余程細かい所の仕上げのみと制限をかけています。
目が弱っちゃうといけないので。
頼っちゃうと言うか。

先生はんこパッケージ色々

昨日の話しの続きということで
先生はんこ色々。

パッケージを中心にご紹介。
Dscn1376
こちらは1個です。
Dscn1386_3 
昨日の先生はんこと同じような、透明なテトラのパッケージ。
2個入りです。


こちらは、中身もちょっと。
P1000313
小学校の先生へのプレゼント。
P1000324
4個セットです。
若い女性の先生なので、スパンコールをはりつけて、ちょっときらッとした感じにしています。

先生はんこ、初めは、月一で通っているケーキ教室の先生に作らせていただいた、屋号はんこをご覧になった、他のクラスの生徒さんから、ご注文を受けたのがはじまりでした。
お子さんのクラスの役員さんをされていて、卒業の謝恩会で贈るお礼の品を迷っていらした所に、はんこを見ていただいたのがきっかけでございます。
その時に一緒に役員だったと言う方から、次の年、別の先生へのはんこをお作りし、またそれをご覧になった方が…とはんこがご縁を呼んできてくれるという、私が描いていた、一つの理想の形で、続いているお仕事です。

消しゴムはんこをはじめたばかりの時、どうしたら、色々な人に見てもらったり、活動の場を広げる事が出来るのだろうと、考えておりました。
コンテストに出してみようとか、ネット上の募集に出してみようとか、かすむほどの遠くの山の頂に石を結んだロープをほおって橋を作ろうとでもするような事ばかり考えていました。
言ってみれば背伸びでございます。
消しゴムはんこ年齢で言えば、まだまだ小学生のようなもの。
まずは、教室の隅っこで絵ばっかり描いていて、周りの人に「上手だね~」と言われて、「クラスの絵のうまい人」になるみたいな所からはじめるのが、本来の活動の広げ方なんじゃないの?
……と、ある日本当~に、目が覚めるように気がつきました。
今、目指しているのが、また少し山のあなたになってしまいますが、町のはんこ屋さん。
はんこを欲しいと思ったら、思い出してもらえるような、私の歩く町の人が、たくさん、私のはんこを使ってくれているというような…うまく言えませんが。
ゆっくり目指したいと思います。
魔女の宅急便の小さい魔女達みたいな感じで、この町のはんこ屋さんと思える活動ができるようになれたらいいなと思っています。
町のはんこ屋として、胸がはれるように、勉強もちゃんとしなくては。

徹子の部屋、鍋島更紗の作家さん鈴田滋人さんの回。
手のひら大の、つげで作った、繊細な木版を何千回とおして(原寸大に描かれた製図をもとに緻密におされている、その気の遠くなる作業…)、それに型染めで色をつけていく緻密な作業…。
一年に3枚しか作れない。
美しかったなあ。
日本橋高島屋で、17日まで展覧会をされているそうです。
美しいものを見に行きたいのは山々ですが……私もお家で努力することにします。

2012年4月12日 (木)

別れがすんで出会いの季節

クラス替えや、卒業や入学や何かが過ぎて、本格的に学校生活がスタートしつつありますね。
桜がてっぺんの枝まで全部咲いて、昨日は夢のようでした。
それがもう今朝はゆさゆさ揺れて、午後には散り敷いた桜の花びらに、自転車の車輪の跡がギュッとついちゃうような…。
満開から散り染めがあっという間でした。
中年にさしかかるとなんでもあっという間なんですが、今年の春は、北海道とかポーランドの春のように全部の花が、早く早く~と急いで咲いてるような感じがしました。
水仙と桜が一緒に咲いてるのが、ちょっと不思議な感じ。


春になる頃、よくご依頼いただくのが、先生へのお礼としてのはんこです。
似顔絵だったり、メッセージ入りのイラストだったリ。
ギフトにされるハンコの場合は、ちょっとしたプレゼント用のパッケージをしてお渡しする事にしています。
その一例を工程とともに、ご紹介。


ハンコが仕上がったら、パッケージ用品セットを出してきます。
ざっくりとどこかでもらってきたエコバッグに入れています。
Dscn1460
マスキングテープやPP袋、シール類などが入っています。

作業現場。
Dscn1458
パッケージ用にストックしてある紙の引き出しをひっぱりだしてきます。
そうめん箱に並べて、手ぬぐいをかけておくと言う、およそおしゃれじゃない、道具類も。
ヘッドルーペと毛抜きは、「指先にとげが刺さったから抜いてくれ。」と言う夫の要望にこたえたから。
お菓子の缶は「ぶつぶつができたから塗って~」とムスメが持ってきた軟膏の入っている薬入れ。
「あ、そう。これこれ。」と言って持ってきた集金袋も置いてあります。
すべて散らかしたまま、作業を進めております。


息子さんのラグビー部の顧問の先生へのプレゼント用と言う事で、オーダーいただいたはんこ。
今回は3個セットです。
Dscn1462
三角の変形の箱を作ります。
算数は小学2年生からずっと苦手で、少々混乱をきたし、変な所を直角にした展開図を描いていて、夫に心配されました。
夫が心配していたのは、算数のセンスがちょっとだけ私に似ているムスメの事でしたが。
Cocolog_oekaki_2012_04_11_23_47 
私が直角にしようとした所…。

Cocolog_oekaki_2012_04_11_23_49
↑本来直角にしなくてはならないところ。
アドバイス後も、実際に切って組み立てるまで、心の奥底でふに落ちなかった私は、本当に図形のセンスがありません。
でもいいもの、ちゃんと文章で頭に入ったから、何角形でも、もう間違えないぞ
言っててちょっと、恥ずかしいです頭悪すぎでしょう…。

Dscn1463
マスキングテープで組み立てます。
地理を教えてらっしゃる先生とお聞きしたので、外国の地図柄の紙を中に敷いてみました。

Dscn1465
パンチでタグを作ります。
地図に太陽…地理の先生っぽい?
高校生の時、ちっとも授業聞いてなかったから、あってるんだかわかりゃしない。
Dscn1467
タグには、THANK YOU!!のメッセージと先生のお名前を書きました。

Dscn1470
どこまでも三角。
テトラ型にします。
PP袋を横にして、横の辺同士をくっつけて、とんがらせた中に、はんこと消しゴムはんこの取扱説明書(?)を入れます。
Dscn1471
余った所を切ります。
15センチの鉄定規が便利。
カッターでシューっと切っちゃう。
Dscn1472
折り返して、ホッチキスでとめて…。
むちむちした指ですね、どこのおばさんかしら。
私…?

Dscn1475
マスキングテープでホチキスを目隠し。
マスキングテープを切ったり、子どもが使うのは、100均で買ったはさみ。
紙を切る専用のはさみは使いません。
糊がついちゃいますからね。
時々、間違えちゃう事もあるけれど。
Dscn1477
ヘンプの紐を、タグに通します。
細くて、丈夫で、色がいい…便利に使える紐です。
もともとは、プレスレットでも編もうかしらと買ってきましたが、やりゃあしませんでした。
トホホ…。

Dscn1478
裏にマステで紐の終わりをくるっとして留めます。
Dscn1476
箱の中に敷いた、地図柄の紙をテナントのような形に切りました。
これも裏同士を合わせて切らないで、1枚失敗しました。
頭を使いましょう、私。
Dscn1479_2
ヘンプの紐のくるくるっとしたのを生かして、マステで張り付けて完成

こういう作業大好き


プレゼントにしますと言っていただくと、こんな感じでお渡しします。
自転車ではこんだりするとはんこがバラけたりするんだけど、中で



ムスメが咳をしています。
風が吹くと桶屋がもうかるじゃないけど、風が吹くと風邪をひく?
え~?また~
早い所お風呂入って、寝ましょう。
くわばらくわばら…。


2012年4月 6日 (金)

春休み最終日走り書き

明日、ハコギャラリーに納品に行くために、ミニハンコ10個仕上げてパッケージ。
音読カードとか連絡帳にぴったりの、「みました」ハンコです。
納品後、写真のせます。

ムスメの学年が、人数が増えたため本来はなかったはずのクラス替えをすることに。
友達と同じクラスになれるように(もう決まってると思うんだけど)近所の神社にお参りに行くと言うので、2人でぶらぶら。
神社の桜はまだまだ3分咲き。
都心の桜に比べてまだまだちらほら。
やっぱり気温が違うのかしら。
ご近所さんちの沈丁花が咲いてる事に今頃気がついた。
花が遅かったのもあるけど、それほどにずっと風邪ひいて引き籠ってばっかりだったのだなあと思ったりしました。
ついでにセブンイレブンに寄っておやつを買おうということになったのに、ついレバニラ炒めを買ってしまった。
体調が回復してきているのだろう…と思う事に。
乙女じゃないですね。

夕方、どこそこで(近所だけど)探していたBRUTUS「大友克洋特集」、品薄になってるという本当かうそかわからない情報を信じて、もう一度、コンビニを中心に探しに。
駅前のファミマでみつけて買って帰った。
AKIRAステッカーが欲しくて買ったのだけど、どこに貼ろうかしら。
もう大人なんだけど、私。
夫は大友克洋を通っていないらしく、あまり感動してくれないので、9日から開催の原画展には、私一人で出かけよう。
大体私はひとと展覧会に行くと、観るのに時間がかかり過ぎると評判が悪いのだ。

カレンダーを見ていて、オーダーいただいているはんこの締め切り(贈呈用なので締め切りがシビア)が意外と近い事に気がついて、ちょっとだけあせっています。
昼寝してる場合じゃないがね。
やばし。

2012年4月 3日 (火)

4月の風

すごい風ですね。
ご無沙汰しておりました。
風邪をこじらせておりました。
今となってはなんの風邪だったか定かではない3月の風邪をこじらせて気管支炎をおこし、1週間咳でねむれない状態が続いてひょろひょろになったので、呼吸器に強いお医者さんに行って、パンチの効いた薬をもらい、科学の力でねじふせました。
2月のインフルA、3月の咳の風邪(やっぱりマイコ?)…と、ほぼ毎年恒例の春の行事、風邪三昧の春の訪れでした。
ここ数年、それでもそうひどい目にあった記憶がないのだけど、息子の時もムスメの時も卒園式に熱を出して出席していた事を考えると、この季節に弱いのだろうなと思います。
しかし、今年はたっぷりとした感じでした。
春休みの思い出がほとんどありません。

しかし、風邪をひいていると弱っちゃってる時は、使い物になりませんが、風邪と風邪の間、あまり予定が入らないので、思いのほかご注文のハンコがはかどり、お届けが比較的早くできたりして、それはそれで…。
それ以上の事が何もできませんが。
家じゅうあちこちがなんとなくもっさりしています。
あと、ちょっといい事?年末年始どっさり増えた体重がちょっと戻りました~。
(喜んでる場合か!)

2月の風邪、3月の風邪、このひどい4月の風。
私のひきこもりはいつまで続くんでしょうか。
自由に引き籠っていられるんだから、気楽なもんと言えば気楽なもんなんですが。
ああ、しんどかった。
見かけによらず体の弱いわたくし。
夜更かし禁止にして精進していたのに。

とりあえず、まだちょっと用心。
ぼちぼちできる事だけがんばります。

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31