無料ブログはココログ

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月

2012年6月30日 (土)

いなげやでフリーマーケット

ぶんハピねっとを運営していますグループ、チアーズのメンバーで、フリーマーケットに参加いたします。

場所:7月1日(日)いなげや国分寺恋ヶ窪店雨天中止です。)

多岐にわたる良品(子どもの物からおとなの物まで色々あります
週間天気予報では、曇りの予報。
フリマ日和と言えそうです。

皆さんおでかけくださいませ

※フリマで得た利益は、チアーズの活動資金とさせていただいております。

2012年6月29日 (金)

寝不足と怪我

忌野清志郎の「ロックで独立する方法」を主にドライヤータイムだけで何とか読了。
「自分の両腕だけで食べていこうって人が、そう簡単に反省しちゃいけない」の表紙の文字にひかれて、図書館で予約(買わない…すみません)。
その中で、八百屋のおじさんの言った事として「芸術家はね、うしみつ時が大事なんだ」と言う一節がありました。
深夜1~3時に最も集中力が上がるという話です。

芸術家とまではいかないまでも、細々したことをするのに、ついつい、家族中が寝静まった後を選んでしまい、もっとも集中できるのが、1時~2時くらいです。
しかし、主婦ですので、それはいかんと、今年に入り、深夜1時には必ず寝るという、約束を課しておりました。

そうして健康的な生活を実現しておりました(時々禁を破る事はあっても)。
が、しかしそうしておりますとだんだんとつけがたまってまいります。
先週から今週にかけて、3時~5時に寝る生活が続いてしまいました。
寝不足になるとてきめんに、体の感覚が鈍ってまいります。
去年も、ビンやら、包丁やら、カッターやらで、ぐっさりとかすぱっとかやらかし、頭もごちごちぶつけ、車も2回ほどぶつけました。

今年に入って怪我が少ないなと思っていたら、ここのところの寝不足で、まず、雨戸を開ける時にぱんぱんと指を挟みました。
ぱんぱんというのは、雨戸2枚、続けて挟んだからです。
しかも同じ所を。
ガラガラッ…ぱーんッ!「痛ッもう…ブツブツ」ガラガラッ…またぱーんッ!「痛ッひいいん…」
爪にはたった1か所の跡のみ

一昨日は、何人かで自転車に乗っていて、先頭を走っており、道を渡ろうと確認のために振り返ったら、電信柱にガシッとぶつかり、皆さんを驚かせました。
そして先には、台所で何か拾おうとかがんだ時かがんだところにちょうど鍋の取っ手があり、まぶたにピタッと触りました。
もう1センチずれていたら、ガーンとぶつかり、目を痛めた上に、鍋をひっくり返していたかもしれません。
車体感覚(車じゃないけど)が完全に狂っています。

今日は1段落したのと、体調が完全にダウンしたので、半日寝て過ごしてしまいました。
ムスメが熱を出して学校を休んだので、出かけようと思っていた用がキャンセルになってしまったのが、私の体にはよかったです。
おかげでスッキリ。
今夜からまた頑張ります…じゃなくて明日からまた。
またもとの健康的な生活に戻さなくては。

家族が寝静まるのを待つのなら、昼間、皆が出かけた後にだって同じじゃないかと思われるかもしれません。
しかし、昼間と言うのは、太陽が出ておりますので、太陽が出ている間にしておきたいことに追われるのです。
洗濯、掃除、買い物、諸々の所用(銀行だの郵便局だの学校だのは昼間にしか開いていません)。
どこそこで、ちょっと人に会って会えば、ちょっとばかりしゃべっちゃったり、ゴミを出しに出たら、草が気になって、しばし草取りになってしまったり。


ずらずらと何の話かといえば、いい訳か!?と言う感じですが。
昼間の生活と、夜の甘美な集中の時間、両方欲しいとなると寝不足になり、怪我をして体をおかしくするという。
なかなかすべてを手に入れるのは難しい…ということで、今日も何となく家の中がガタついていると言うわけです(しわ寄せはそこ!?)

2012年6月27日 (水)

小さな手仕事いちばICHI

4月の27日の日記に書きました、毎月3日館の小さな手仕事いちば「ICHI」。
今月の「ICHI」に、参加させていただくことになりました。
相変わらずのギリギリ行動で、作業途中の写真しかありません。

最近、ちっちゃいはんこに凝っているので、ちっちゃいはんこばっかりで、どうも華やかさに欠けますね。
Photo
たくさんあるように見えますが、試し押しです。


ご案内はこちら
Ichi_3

Ichi_4

私のちまちました作品はともかく、とても素敵な雑貨市。
おでかけくださいませ。
   

2012年6月23日 (土)

行かなくちゃ備忘録

http://group.shiseido.co.jp/gallery/
仲條正義さんの展覧会 資生堂ギャラリー
http://www.yaf.or.jp/yma/tickets/250/
奈良美智 横浜美術館


忘れないで行かなくちゃ。
会期が長いと後になりがちだけど、終わりごろほどこむからなあ。
奈良さんのは、混むだろうなあ。
でも、子どもも連れて行きたいなあ。

2012年6月22日 (金)

「どうですか、そちらは?」

私の、今年喜寿を迎えた父親が、電話をかけてくるといつも「どうですか、そちらは?」と聞く。
いい年をしていても、かわいくない娘は「どうですかって何がですか。」と愛想のない返事をする。
父は「わはははは、元気ですか、皆さん。」とやはり、会話が広がりそうにない質問にいいかえる。
そこでまた、とりつく島もない事を言うほどに余裕のない生活をしているわけではないので、子どもたちの近況や、夫の太った話などをあれこれ話しだすと、そこそこ話がはずむ。
最初から、そうして色々話せばいいのだが、どうしても、「どうですかって何がですか?」と、言い返したくなるのが、ちょっとだけ意地悪だなあと自分でも思う。
先日、お風呂を掃除していたら、ふと、もし父が(もしというか、いつか)この世からいなくなってしまったら、きっと私は、あの「どうですか?そちらは。」と言う声と、「わはははは、元気ですか?」までの一連の流れを、折に触れ思い出すのだろうな、そんな時はひょっとしたら、涙なんかもちょっと出ちゃったりするのかもしれないな、などと考えた。
そんな事を考えていてもやっぱり、次にまた「どうですか?」と聞かれたら、「どうですかって何がですか?」と答えるのだろうなと思う。
その後は、先のアメトークの広島カープ芸人の回を見たかどうか訊いてみよう。
見ていなかったら、DVDに焼いて送ってあげよう。
うちは祖父の代から私の息子まで、4代続くカープファンである。
以前、ママ友達に「思春期の頃はちょっと反抗期だったからか、一時期巨人ファンになった事がある。」と言ったら、「何に対する反抗なのよ。」と呆れられた。

高校生の時、とても仲の良かった友人がいた。
何の時だったか、私たちは待ち合わせをしていた。
多分彼女が遅れてきたのだと思う。
(反対だったかな?)
待っていた私は、ふいに彼女が、何か事故などに巻き込まれてこれなくなる事を想像して、ドキドキした。
思春期特有の熱に浮かされたような友情に支配されていた私は(相手の彼女はもう少し冷静だったと思うが)、「私が、どんなに彼女の事をいつも思っていたとしても、今、彼女がどうしているかわからない。彼女がもし万が一、この瞬間にしんでしまったとしても、私にはその事を知るすべがないのだ…。」と考えたら、どーーーーっと涙が出てきてしまったのだ。
「やっべーーー、絶対なっちゃん(私は若い頃はなっちゃんであった)怒ってる…」と、ハアハア息を切らしながらやってきたお友達は、私がうるうるきてるので、心底驚いたと思う。
私が、これこれこういうわけでと、説明すると、感動にうちふるえるかと思いきや、「何ひとのこと勝手に殺してるのよ。」と怒っていた。
「女優さんとかも死ぬ役をやったりすると、反対に長生きするとか言って、縁起がいい事みたいだから、気にする事はないよ。」と、私も平気で言っていたのだから、のんきにつける薬はないな、という平和な話である。
そんなつれない彼女であったわけだが、高校を卒業して東京の大学に進学する私に、めずらしく、ミュージックテープを作ってくれた。
(私が10代~20代の頃は、LPとか、CDから、テープに録音して、ラジカセとかウォークマンとかで聴いていたのだ、音楽を。お友達同士とか、男の子が好きな女の子とかに、自分の好きな曲ばかりを集めてミュージックテープを作ってあげたりする文化があったのだ。)
ビリージョエルのアップタウンガールとサザンのハッピーバースデイとあとユーミンとか入れてくれていたと思うのだが、最後の曲がさだまさしの「主人公」だったのを良く憶えている。
なぜそんな事を急に思い出したかと言うと、明日のミュージックフェアがさだまさし特集で、私のひいきのバンドのボーカルが、さだまさしとその歌をコラボレーションするということを聞き及んだからである。
もちろん今も元気で、うちの息子より一つ年上の(下の子も一つ上)女の子を育てており、会うと先輩ママ風を吹かせる彼女に、懐かしくなってメールを送ったが、相変わらずつれないので、返事はまだない。


祖父が亡くなった時、もう80も過ぎていたので、深刻になる葬儀でもなく、まだ小さい子供二人を連れていた私は、久しぶりに会う親戚と近況を話したり、子どもに何か飲ませたり、静かにさせたりに忙しく、悲しんでる暇はない感じであった。
ただ、最後の別れの時に、祖父の胸の上に広島カープの帽子が置かれているのを見て、たまらなくなって、はらはらと泣いてしまった。
広島カープは、直接祖父の笑顔とつながっているからである。

数年前の事だが、以前お世話になった、私と同世代の人が亡くなった。
その時、葬儀の会場で彼女がとても好きだった某男性アイドルグループの、とても流行った歌が流れていた。
集まる人々の、つらそうな顔に不似合いな明るい歌は、本当にきれいな死に顔とともに、その人の笑顔に直結し、たまらない気持ちになった。

変な口癖や、なんでそんなに好きなんだかと思う大好きなものや、どうでもいいようなエピソードが、直接感情に訴えかけて、古い記憶を掘り起こし、ひどくゆさぶられることがある。
妄想力の強い私は、認知症にでもなったら、どうしてそことそこが結び付く!?という記憶の結びつき方をたくさんして、周りを混乱させるかもしれない。
今のうちにたくさん話をして、おかしい事ばかり言って、周りを慣れさせよう。

……おかしいな。
そういう結論になるはずじゃなかった気がするんだけど。

ひんやりした話

暑い暑いの天気予報に、恐れをなして(しかも大雨とか)、前日仕事もほおりだして、エアコンを掃除しました。
待機電力を節約せんと、コンセントを抜いてあったので、すぐには使えません。
エアコンはコンセントを入れて、すぐに稼働させると、中のオイルが冷えて固まっているので(30度以下だともう、粘度が増してしまっているそうです)機械がいたんでしまうそうです。
機種にもよりますが、4~8時間通電してからしか使えないそうです。
一番いいのは、使いたい日の前日に、コンセントを入れておくのがいいとか。
そしてシーズンの一番はじめには、窓を開けたまま、2~3時間動かして、エアコン内部に風を通した方が、色々悪いものもたまっているので、よいのだとどこかで聞きかじりました。
それで昨日と言うかもう一昨日ですが、半日かけて掃除をし、コンセントを入れて、切ってあったブレーカーもONにして、電気を通しておいたのです。
今日は午後から雨とかの予報だったので、雨の降る前にと、窓を開け放ち、エアコンをスイッチオン。
30度になるとかならないとか(前の日の夜には言ってたもん)の予報を信じて、ガーガー動かしていたのですが、涼しいのに…。
一応2時間空回ししました。
これで夏の準備はOK。
目標では、夏休みまではアイスノンで乗り切る!と思ってるのですが、セイウチのようなオットが、ひいひい言うにきまっていので、夜だけ少し。

いつまで待ってても、雨が降らないので、ムスメの足にできたイボを取るために、以前住んでいた町の、小さなお医者さんへと、自転車を走らせました。
ついでに私も、恥ずかしながら首のどこそこにできているので、焼いてもらっちゃおッと言うもくろみ。
焼くと言っていたので、ビビるムスメ。
もちろん焼くと言っても、ムスメの想像していたような、長い線香の先に火をつけて~とかではなく、液体窒素です。
その小さなお医者さん、ものすご~く懐かしい雰囲気のかまえに、懐かしい感じの待合室(いつも磨きこまれてピカピカ)、そして、懐かしい感じの診察室に、懐かしい感じの先生と。
実に全体にクラシックな様子。
そこに、不似合いな、液体窒素の入ったボンベ。
その容器だけ近未来。
「イボを…」と言うと、マッチ箱みたいなものに、貼ってある紙やすりで、綿棒の先をごしごしこすって荒らす先生。
液体窒素をたくさん含ませるコツなんでしょうか?
「怖いからお母さん先にやって~」などと、騒ぐムスメ。
そのせいか、「大丈夫、こんなのちょいちょいだから。全然痛くないよ。」と、いつにもまして、一層ラフな先生。
大きいのだけやってもらうつもりが、びちょびちょびちょと、ちょびちょびある小さいのにも、どしどし液体窒素を、のっけていきます。
ぼたぼたぼたぼたと落ちる液体窒素。
私の首が水玉になり、着ているチュニックの細いリボンの所とか、ターミネーターⅡに出てきた変幻自在の新ターミネーターみたいに、瞬時に凍りついて、ボキボキ折れるんじゃないかと心配になりましたが、一応大丈夫でした。
イボの方は、この時期活発化するのか(何が?)、かゆみがでたりするのですが、今日は液体窒素をぶっかけられたおかげか、静かです。
母親が、バシャバシャかけられているのを見て、安心したらしく(安心か?)ムスメ落ち着いて、こちらは割と丁寧にやってもらっていました。
「髪の毛引っ張られたくらいの痛さ」だったらしく、全然平気だったと、気を良くしていましたムスメ。
ちょっと大きくなっていて、心配していたイボも、黒っぽくなって縮こまってきたし。

私は喉がすっかり冷えてしまい、さっきからのど飴ばっかり食べています。
喉の弱い私の、最近の一押し。
Dscn1982
一種さわやかなくらい薬の味で、においまですごいのですが(電車で食べると、ちょっと気になる)、ジャパニーズハーブキャンデー効きます。
これと定番のVC3000のど飴(シュガーレス)で、なんとかこの咳っぽさ、おさめたいものです。
液体窒素のせいなのか、最高気温26度とかなのに29度の設定のエアコンをかけた室内で、お尻を平らにして消しゴムを彫っていたせいなのか、すっかり冷えちゃったのかも。

ぬるめのおふろにゆっくりつかって、寝ます…ってそんなゆっくりしたこと言っている時間じゃない気が…。

2012年6月20日 (水)

台風一過

台風一過で、窓と網戸がピカピカに
おっと、のっけから(だらしのない)結論を言ってしまいました。
息子の部屋の窓の外側にベターーーーッとついていた(多分)ヒヨドリの落とし物。
台風一過でつるっときれいに無くなっていました。
大きな被害がなかったからこんなのんきな事を言っていてすみません。
しかし、ヒヨちゃんたちの落とし物よりさらに強力な、この汚れ…


Dscn1970
鼻の頭の形ですね

息子でしょうか、ムスメでしょうか。
窓の外から誰にアピールしたのでしょうか?
先日から、何度か、息子やムスメに洗濯ものを干すのを、手伝ってもらったっけ┐(´-`)┌屋根と網戸にはばまれて、汚れが落ちていませんでした残念。
発見してから一週間ほどたちますが、観念して掃除しようと思います。
(すぐしようよ…)






2012年6月16日 (土)

ベイビーグッズX-change

ぶんハピねっと」の運営団体CHEERS、子育てイベント「小平きらきらパーク」にて、ベビーグッズの物々交換のコーナーを持たせていただいて、参加してまいりました。
イベントの詳細、運営団体については、こちらで
NPO法人子育てサポートきらら http://blog.goo.ne.jp/kirara_kodaira

ついつい買ってしまうのが、お菓子
やはり手づくりのお菓子とパンのコーナーは素通りできません。
しかも、帰り道、かねてより行きたく思っていた、住宅街にある素敵なケーキ屋さんに連れて行ってもらい、ついつい…
SHIBA-SENさんについてはこちら
http://bunjihappy.com/?p=2409

こちら、こちらで、すみません。

今日の夕飯は、父の日前倒しで、夫の希望のメニュー、餃子でした。
干しシイタケも、キノコ類すべてがなかったので、出汁がわりじゃと、冷凍してあったきんぴらごぼうを刻んで入れてしまいました。
なかなかいけました。
届けてもらっている、生協さんの商品で、乾燥ごぼうと言うのがあります。
一袋980円と割高な感じがいたしますが、すごくふくれます。
しかも、味のしみ込みがよいので買ってきたお惣菜のようになります。
おすすめです。
例によって、戻しすぎて、鍋いっぱいに作ったきんぴらを、平らにして冷凍してあったので、それをそのままざくざくざくと。
少々塩辛くなったのですが、なかなかいけました。

「はっぴいね♡ぶんじ君」ばっかりで、先週が終わってしまったので(先ほどまた更に続きを投稿しました)、久しぶりの消しゴム彫りになってしまった昨日。
ミニミニみましたはんこをたくさん作ろうと、ミニミニな図案をちくちくトレースしていたら、ろくに彫れなかった割に、ひじがいたくなりました。
トレースの方が結構どこそこにひびきます。
妙な力が入っているのでしょうか。
結局昨日は、「ぶんハピねっと」の新しいレポーターさんの似顔絵はんこを2点彫っただけで、集中力が途切れ、欲を出してその状態で彫ったはんこはやはりまんまと失敗しました。
やはりちょっとさぼると…へたくそに…。
しかし、寝ないと怪我するしなあ。
今年に入って怪我が減っているのは
あまり無理をしていないから…Σ(・ω・ノ)ノ
健康も大事だし、家庭も大事だし(本当か?)、色々な活動も楽しいし(わがまま言ってるから?)、遊びにもたまには(本当か?)行きたいし、学校の様子も知りたいし…。
時間の使い方の見直しが必要かもしれません。
ひょっとしたら(゚□゚*)……のろいだけ

何事かなし得るには、性根がどうも…。
精進します…それなりに。

2012年6月15日 (金)

今年の初カマキリ

先ほど、庭先に出たら、今年の初カマキリに遭遇

2012_3
ちっちゃい
手に乗せて撮ろうと、何度か乗っけるまではいったのですが、ちっちゃい子はやはり遊んでくれません。
(別に大きい人たちも遊んでくれてるつもりはないと思いますが…)
すばしっこくてすぐ飛んで逃げちゃうので、なかなか上手な写真が撮れませんでした。
玄関の、緑の少ない所にいたから、茶色いのか、そういう種類なのか?
わくわくします。
今年も、うちの子発見…で一安心。
ありんことかに食べられないよう大きくなって、たくさん害虫を退治してね

図書ボランティア

「はっぴいね♡ぶんじ君」続きを投稿してまいりました。

「ぶんハピねっと」スタッフブログ内にてぼつぼつ連載中
http://ameblo.jp/bunjihappy/entry-11277761835.html


いい天気なのでたくさんお洗濯
今日は、ムスメの学校の公開授業で、いつも図書ボランティアでお世話になっている、司書の先生が、足尾銅山についてわかりやすくお話ししてくださると言う事で、私ものぞきに行ってきます。
公開日前に、図書ボランティアの皆さんと、図書室のディスプレイを夏向きにしてきました。
2012_2
ガラス戸をはめる前です。
よ~く見るとこびとがみつかったりします(写真が小さくて見えない?図書ボランティアOBの方の手づくりのこびと達。子どもたちに大人気です。)
梅雨から夏のイメージ。
ぶら下がっているのは、ムスメのちっちゃくなった服で作った、ミニミニ洗濯もの。
ぶきっちょなので、もちろん切りっぱなしのなんちゃってミニチュアです。

さ、本物の洗濯ものもしなくっちゃ
シーツを干してこよっと。
まだ回っているかな


2012年6月11日 (月)

「はっぴいね♡ぶんじ君」第4話

のっけてきました。
「はっぴいね♡ぶんじ君」第4話四コマ目まで(ホントに、ちょっぴりだこと…)。

新しいスキャナー(プリンターと言うか)、調子良く、便利良く、使い始めました。
とりこむまでは、とっても簡単。
しかし、細かい使い勝手が、ちょっとずつ違って、意外と手間取ります。
じきになれると思いますが。

ぶんハピねっと、スタッフブログにて連載中です
http://bunjihappy.com/
ご用とお急ぎでない方は、是非お立ち寄りください。
毎回、描きながら、「次はもっと上手になるわ、きっと。少なくとも今よりはちょっと上手になるはず。」と思いながら描いています。
そう、きっと今よりもっと、上手に、今よりもっと、早く…。
言い訳は、その辺に。




明日は、ムスメの個人面談です。
今までに一度、個人面談を忘れ、一度、時間を間違えました。
気をつけなくては。
明日は、一日緊張しそうです(小心…なのになぜ忘れるの?私よ)。

はっぴいね♡ぶんじ君

ぶんハピねっと、スタッフブログ内にて、忘れられそうになりながら思い出した頃に連載中の「はっぴいね♡ぶんじ君」、ただいま絶賛ノロノロ制作中です。
もうすぐ、載せられる予定です。
構想半年、制作一週間、この2ヶ月間、図書館中の鳥類図鑑を何度も借りたり戻したりしながら(やろうと思って、借りて、できなくてもどしちゃうという)、無駄にいろんな鳥の知識を増やして、いよいよ、怒涛のリリース!
…ってもうすでに何言ってんだか、わかりませんが、ローファイな感じでゆるく展開しております。
ただひとつ不安なのが、プリンターが壊れたため、スキャナーとコピー機がついてるのに、プリンター機能のみの機種より安いと言う、不思議なプリンターを購入し、昨日つけたばかりです。
いままで使っていた、スキャナーにはお暇を出して、昨日夫がつないでくれているはずなのですが、ちゃんと使えるのか、私。
ぶんじ君は、無事にのっけられるのか?
もう前回から2カ月経ってしまってますが。
色々な意味でスリリングな、「はっぴいね♡ぶんじ君」。
本日中にはのっけられる予定ですのでよろしくお願いいたします。

はっきりしない梅雨らしい天気ですね。
バレエのレッスンで、きしむ体を動かしてきます。

2012年6月 1日 (金)

本を読むタイミング

皆さんはどういうタイミングで本を読むのでしょうか。
学生時代、私が語る夢と言えば、「掃除のしやすい板張りで白い壁のつるっとしたエアコン(風情があるんだかないんだか)付きの部屋に、寝やすい長椅子を置いて、読みたい本を積んで、好きな時間に起きて、好きな時間に寝て、時々友達に会いに行く」という、働く前にもうご隠居か?というような、怠けた事ばかりでした。

…おっと、私がそこそこ読書が好きな人間なんだと言う話を書こうと思っていたのに、これでは、私がいかにだらっとした人間かと言う話になってしまう。

割と本が好きです(…あらためて)。
割とと言うレベルですが、文字を読んでないとさみしい方です。
ただ読書で困るのが、両手がふさがる事です。
テレビだったら、何かしながら見る事が可能ですが、読書だと手を使う事が出来ない。
と言うわけで、年々、読書する時間がとれなくなってきております。
それなのに、毎週ムスメの習い事の帰りに待ち合わせを図書館でするので、あれこれ借りてきてしまいます。
先日の図書館デーに、品のいい、控えめな感じの奥さんが、ゆっくりと背表紙を確認して手にとって、ページを繰って、じっくりと品定めして、結局2冊だけ借りていくのを見かけました(ずっと見ていたわけでは…チラチラ?)。
同じ時間に、私は、ムスメに「早く早く」と剣突を食わせながら、タイトルや表紙だけを見て、ぱっぱかぱっぱかともう6冊も抱え込んでいました。
で、読み切らない。
しかし、延長などもお願いしたりしながら、面白いと思ったものは、なるべく読んでから返したい。

そんなことで、ちょびちょびと隙間の時間を見つけて、読み進めます。
どんな所が隙間の時間か…。
電車に乗車中、お医者さんの待合室、、パソコンが立ち上がる間(少々遅い事がある)、
ドライヤーで髪の毛を乾かす間(床に置いて、膝でページを押さえる)、などなど。
お風呂の中では、ぶよぶよになってしまうので、雑誌のみ。
たまにリサイクル図書を持ち込む事があります。
リサイクル図書は、ブッカ―がかかっているので(ビニールコートみたいなやつ)、意外とぬらさずに読む事が出来ます。
でも、リサイクル図書は、読んでからまた棚に返す事が許されているので、なるべくきれいなまま読んで返したい…ので、やはりあまりお風呂には…。
ちょびちょびとしか読めません

時々、さぼって一日読書しちゃったりします。
そんな日は、ちょっと後ろめたいのですが、宝物をもらったみたいに嬉しくなります。

でも、夜更かしはいけませんね。
ドライヤータイムに読む時には、乾いたら、ドライヤーを片づけて、ちゃんと本も閉じるように……それが結構……いやいや。


洗口液

洗口液、昔はハード目を愛用しておりましたが、年とともに沁みるようになっちゃったりして、仕方がないので、沁みないをうたったりした、優しい商品を愛用しております。
使用法を見てみますと、大抵、口に含んで、20~30秒ほど口をすすぐとあります。
昼寝しちゃったりする癖に、その20~30秒ほどが待てなくて、いつも口に含んだまま、うろうろしています。
たまに、口に含んだまま、ゴミ捨てとか、新聞を取りにとかで、うっかり外に出ちゃって、オットットと思います。
先日、とうとう、お隣のお父さんに、ご挨拶をいただいて、思い切りあせりながら、「フゴフゴフゴ」っとお返事いたしました
玄関に戻った時に、ムスメと夫にみつかり、あきれられました。
とほほほ。

ムスメが今年4度目の熱を出しております。
運動会が済んだ次の週、雹混じりの雨の中、ずぶぬれになって帰ってきた夜に、ぴゃーぴゃー鼻水を出していたと思ったら(ちとばっちいですね)、一昨日になって、「喉が痛い…」と。
やば~いと思っていたら、案の定…昨日の夕方から高熱です。
今ちょっと微熱まで下がっておりますが。
2月からほぼ月イチです。
5月は運動会の緊張感からでしょうか、飛ばして、6月の頭にこれです。
今年は当たり年としか言いようが…。
修学旅行は無事に行けるといいのですが。

「飼い食い」を読んでおります。
筆者自身が、三頭の豚を飼い、実際に食べるまでを、体験し、ルポする内容。
考えさせられる内容ながら、読者に仲介してくれる筆者の目線が、自分の考えを押し付けるわけでなく、ご自身の驚きや、新鮮な感情をそのまま伝えている視線なのでしょう、一緒に驚いて、一緒にふむふむと感心して…と言う感じで読めます。
絵がまた、とてもいいです。
まだまだこれからです。
楽しみです。

これから、ちょっと学校に出かけていきます。
天気が変わらないといいけどなあ。

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31