無料ブログはココログ

« シーズン到来 | トップページ | 今日は記念日 »

2014年11月12日 (水)

秋の景色と硫黄の香り

夫のたっての希望、家族旅行に行ってまいりました。

子どもが大きくなってなかなか足並みがそろわないためなかなか実現しないのですが、一番忙しい(と自分で思っている)娘のここならなんとか…というのに合わせて、やっと、保養所を予約して、だいぶ以前から、予定していたら、日曜日に、その娘の英検の二次試験が…という相変わらず杜撰な我々。
土曜日、朝早く出て、日曜日朝早く(保養所の朝食を食べられませんでした)出て帰ってくるということで、無理矢理決行することになりました。
行先は那須。
栃木といえばあれこれと行けば華やかなところはたくさんありますが、何しろ今回は時間がそうないので、まあゆっくりしましょうと、那須高原に直接入り、宿周辺でうろうろすることにいたしました。
欲が出せないとかえってのんびりできて、そういうのも悪くないなと思いました。
那須周辺は温泉どころ、お湯は硫黄泉。
130年続くという渋い外湯、「鹿の湯」へ。
いつもはあれこれ荷物が多いのに、今回欲が出なかったのもあって、荷物もあまり思い悩まず、着替えしか持ってこなかったので、タオルを忘れました。
シャワーハットとかもね。
最近どこでも借りれるし、あるし…などと思っていましたが、タオルは購入のみ。
一枚400円…入湯料が500円ですので、最初から900円だったと思おう…と、心を慰めて購入しました。
娘がお気に入りのドナルドのタオルを車内の日除け用に持ってきていたことを、買っちゃってから言うので、腹を立てましたが、お気に入りなら尚更、使わなくて正解。
お湯はたいへん趣もあり、よろしかったのですが、帰ってきても、使ったタオル、洗っても取れません、匂いが。
干した部屋が、部屋中そこはかとなく硫黄臭。
向うで来ていた洋服、特に下着類がまた、結構いつまでも硫黄臭。
髪の毛にもしみついてなかなか落ちない硫黄臭。
子ども達のキューティクルがしっかりしていてつやのある髪はそうでもありませんが、パサつきがちな大人の髪(私の髪ですね、夫は絶対量がそうないから……自粛)は、もうすでに3日もたっておるのに、まだほんのり薫ります。

エミール・ガレの美術館が見ごたえがありました。
先日美の巨人でガレとドーム兄弟のことを見て、久しぶりにじっくりガラスが見たいなと。
美しいものをたくさんみると脳の中がきれいになる気がします。
毒が抜けるというか。
これいいなあと思っても、持って帰れないので、熱視線でガラスが溶けるかというくらい見ていたいのですが、家族がとっとと外に出ちゃって、待っているので、そこそこで切り上げて出なくてはならないジレンマ。
こっちはジレンマを感じているのに、家族は、いつもの事だがたいへん待たされた…という顔をする…まったくおかしな話です。
いいものがたくさんありましたし、大規模な美術展より、一つ一つじっくり見ることができるのが、私設の美術館のいいところ。
観光協会に寄り道したときに、割引券をもらってきていたので、粗品までプレゼントしてもらいました。
どこかで割引券を探してからくるというのが、観光地ではコツであるとは思いながら、杜撰な我々はいつも忘れます。
今回はちゃんとしました。

にぎわっていたのがフィンランドの森という、まきストーブの展示してあるスペースととフィンランド食材の店、それを使ったカフェや、天然酵母のパン屋さん、ムーミンとサンタグッズのお店が併設されていたところ。
ほかでは見かけない、若い娘さんたちがたくさんいました。
那須に着いた時には、ソフトクリームは無いでしょう、もう秋なんだからと思っていましたが、鹿の湯後だったので、ムーミンのマグカップに入った(器はお持ち帰り)ソフトクリームを食べてました(子どもが)。
扇屋という那須御用邸御用達という和菓子屋さんで、試食でいただいた、うまかんべまんじゅうが、素朴で大変おいしかったので、お土産とは別に、我が家用に購入。
ふっかふかの小麦の生地に、ちょっととろっとした潰し餡が、コクのある甘さで美味しかったです。
お店ではふかしたてをいただきましたが、おうちでは30度に設定してレンジでチンすると、ちょうどよかったです。
と、めずらしく旅レポ。

もっとあちこちできたかな…とは思いますが、何より楽しかったのは、日頃、お風呂も寝るのも別々になっている大きくなった子供たちと、一緒にお風呂に入ってふざけたり、旅先ではやることないから(自称忙しい娘は宿で宿題してましたが)たくさんしゃべったり、みんなで布団並べて、パリパリのシーツのお布団で眠ったりしたことだったりするので、突貫ではありましたが行ってきてよかったなと思います。
朝暗いうちに出ると道が混まないし^^;
朝ごはんはちょっと残念だったけど。

しかし、この旅で得た一番の教訓は、硫黄泉の温泉にタオルを持っていくならば、よそゆき(?)とかお気に入りとかではなく、古いものを持っていきましょうということです。
持っていかないなら400円ですよ…と。
なんだかしみったれた話に終わりました。
おほほ…すみません。

11月後半から、12月にかけて、いろいろなイベントへの出展の予定が決まってまいりました。
ちょっとゆっくりしちゃったので、そろそろ頑張ります。

« シーズン到来 | トップページ | 今日は記念日 »

イベント お出かけ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31